外国人の住民登録

平成24年(2012年)7月9日に外国人登録法は廃止となり、外国人住民の皆さんの市役所での手続きは、日本人と基本的に同じになりました。

主な変更点

適法に3か月を超えて在留する外国人の方が対象です

在留資格のない方や、短期滞在等の方は新制度の対象にはなりません。

※在留資格の取得や変更については、入国管理局にお問い合わせください。

在留カードまたは特別永住者証明書が交付されます

外国人登録制度の廃止に伴い、外国人登録証明書の代わりに、在留カードや、特別永住者証明書が交付されます。 外国人登録証明書は、新制度施行後も引き続き有効ですので、すぐに外国人登録証明書を在留カードや特別永住者証明書に切り替える必要はありません。

 

外国人登録証明書の有効期間及び、交付申請の場所

 

有効期間等について
在留資格 16歳以上のかた 16歳未満のかた カードの種類及び交付申請の場所
特別永住者 外国人登録証明書の「次回確認(切替)申請期間の初日が、新制度導入後3年以内の場合は3年間、3年を超える場合は「次回確認(切替)申請期間」の初日まで 16歳の誕生日まで 市役所にて、「特別永住者証明書」を申請・交付
永住者 新制度導入後3年間 3年または、16歳の誕生日のいずれか早い日まで 入国管理局にて、「在留カード」を申請・交付
その他の在留資格 在留期間の満了日まで 在留期間の満了日まで、または16歳の誕生日のいずれか早い日まで 入国管理局にて、「在留カード」を申請・交付

手続の一部が変わりました

住所の変更や、特別永住者証明書の更新、特別永住者の方の氏名の変更等は、今までどおり市区町村に届け出てください。 (引っ越しの際は、三条市で転出の届出をし、新市町村で転入の届出をしていただきます。) 在留資格の変更、在留期間の更新、在留カードの更新、氏名や国籍等の変更手続きは、入国管理局にのみの届け出になります。

住民票の写しを発行できるようになりました

日本人と同様に住民票の写し等が発行できるようになりました。それにより、外国人だけの世帯はもちろん、日本人と外国人の混合世帯の場合でも世帯全員の方が記載された住民票の写しを発行できます。

※外国人登録制度の廃止に伴い、外国人登録原票記載事項証明書の交付を受けることができなくなりました。外国人登録原票に記載されていた居住地の変更履歴などの情報が必要な場合は、ご本人が直接法務省に開示請求することになります。

外国人住民の方の住民基本台帳ネットワークの運用がはじまります

  平成25(2013)年7月8日から、外国人住民の方の「住民基本台帳ネットワーク」の運用がはじまり、「住民基本台帳カード」の交付を受けることができるようになります。それに伴い、施行日(平成25(2013)年7月8日)の時点で三条市に住民票がある外国人住民の方に「住民票コード通知票」を作成して郵送します。

住民票コードは、一部の行政手続において記載を求められることがありますので、「住民票コード通知票」は大切に保管ください。

適法に3か月を超えて在留する外国人の方で、住居地に関する届出が正しく市役所にされていない場合、「住民票コード通知票」が届きません。

郵送した「住民票コード通知票」が市役所に返戻された場合は、住民票が消除される場合がありますので、お早めに必要な手続きを行ってください。

「住民票コード通知票」が届かない方は、市民窓口課(三条庁舎低層棟)へお問い合わせください。

当制度や手続きに関する詳細につきましては、下記のホームページをご覧ください

在留資格や在留カードに関すること

特別永住者の制度に関すること

外国人住民に係る住民基本台帳制度に関すること

この記事に関するお問合せ
市民部 市民窓口課 市民総合窓口係

〒955-8686 新潟県三条市旭町2-3-1
電話 : 0256-34-5540 (直通) ファクス : 0256-31-1105
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2019年02月20日