小型家電リサイクル

 携帯電話、デジタルカメラなどの小型家電製品には、貴金属やレアメタルなどの金属資源が含まれています。
 市では、ごみを減量化し、資源の有効活用を進めるため、小型家電の拠点回収を行っています。
 ぜひ、ご協力をお願いします。

回収品目

携帯や電話などのいろんな種類の小型家電の写真

小型家電の一例

 電気・電池で動く小型の家電製品で、専用の回収ボックスの投入口に入る大きさ(縦15センチメートル×横35センチメートル以下)のものです。

主な品目

 携帯電話、パソコン(本体・ディスプレイ)、電話機、ファックス、ラジオ、デジタルカメラ、ビデオカメラ
 CD・MDプレーヤー、ハードディスク、USBメモリ、電子辞書、電卓、電子血圧計、電子体温計
 ヘアドライヤー、電気かみそり、電動歯ブラシ、懐中電灯、ゲーム機、カーナビ、ETC車載ユニット
 リモコン、ACアダプタ、充電器など

回収拠点場所

 回収ボックスは拠点施設(店舗)の屋内に設置しています。開館(営業)時間中に小型家電を投入してください。

小型家電回収ボックスの搬入口のアップの写真
小型家電回収ボックスの写真

回収ボックス

拠点施設と開館時間

午前9時〜午後10時 

午前9時〜午後10時

午前9時〜午後10時

午前9時〜午後10時

午前9時〜午後  5時

午前8時30分〜午後5時30分

   午前9時〜午後10時

午前9時〜午後10時 
(上記施設は全て12月29日〜1月日3休み、市役所栄庁舎は土曜日,日曜日,祝日休み)

  • コメリ三条生活館⇒午前9時30分〜午後8時
  • マルイ大崎店⇒午前9時〜午後12時

回収できないもの

  • 家電リサイクル法対象品目(テレビ、エアコン、洗濯機・衣類乾燥機、冷蔵庫・冷凍庫)
  • 電池及び充電式電池
    内蔵されている電池や充電式電池は取り外してください。
    電池は電池の拠点場所の回収ボックスに、充電式電池はリサイクル協力店のボックスに出してください。
  • 蛍光灯及び電球
  • 事業者が排出する小型家電
  • 回収ボックスの投入口に入らないもの

 拠点場所・リサイクル協力店は下記リンク先をクリックしてください。

回収できない小型家電のイラスト

注意点

  • 小型家電は箱や袋から出して回収ボックスに入れ、箱や袋は持ち帰ってください。
  • 携帯電話やパソコンなど、個人情報の含まれるものはあらかじめデータを消去してください。
  • 一度投入した小型家電は取り出せませんので、よく確認してから回収ボックスに入れてください。
  • 回収ボックスに入らないパソコンは、これまでどおりメーカーまたはパソコン3R推進協会に引取を依頼してください。

 (注意)パソコンの処理方法は下記リンク先をクリックしてください。

障がい者福祉施設との取組

市では、回収した小型家電の選別・分解を市内の障がい福祉サービス事業「すてっぷ」に委託し、障がい者の就労支援につなげています。
分解した部品の売却益は、障がい者の工賃収入となります。

女性が家電の部品で作業しているイラスト

都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト

この記事に関するお問合せ
市民部 環境課 清掃センター

〒959-1102 新潟県三条市福島新田乙239
電話 : 0256-45-4797 (直通) ファクス : 0256-45-5909
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2019年02月20日