石川雲蝶(いしかわうんちょう)

彫刻師 石川雲蝶

石川雲蝶は本名を石川安兵衛と言い、1814年(文化11年)江戸の雑司ヶ谷(現在の東京都豊島区)で生まれました。 若くして技に優れていた雲蝶は、仏壇などを彫りながら二十歳半ばで江戸彫石川流の技術を習得したといいます。そんな折、法華宗総本山本成寺の世話役であった三条の金物商人・内山又蔵が江戸へ商売に行った際、雲蝶の作品に出会い、その腕前に惚れ「本成寺の彫刻を彫って欲しい」と雲蝶を三条へ連れてきました。江戸で仕事をしていた雲蝶も、金物のまち三条の優れた道具を気に入ったのではないでしょうか。雲蝶はその後、三条の酒井家に婿入りし、本成寺の彫刻を始め新潟県内の魚沼市や長岡市などに様々な作品を残しました。

三条市内の作品

三条市内には主に本成寺と石動神社の2か所に石川雲蝶作品が残っています。

本成寺(ほんじょうじ)

静明院の本を読む老人と鯉

琴高仙人(静明院)。石川雲蝶は三条に移り住んだ後、本成寺の本堂や塔頭(たっちゅう)寺院に数々の作品を残しましたが、度重なる火災でそのほとんどが焼失してしまいました。現在は、牛や亀の置物、門彫刻などの数少ない貴重な作品が残されています。また、本成寺は雲蝶の菩提寺であり、本堂の裏には雲蝶の墓もあります。(置物等は非公開)

 

作品の解説

本成寺塔頭の静明院(じょうみょういん)にある向拝(こうはい)彫刻。本を読む老人と鯉が彫られています。この老人の読む本の面には制作年号と雲蝶の刻銘があり、雲蝶の遊び心が伺えます。雲蝶が37歳のときの作品です。(常時公開)

 

 

石動神社(いするぎじんじゃ)

石動神社の向拝の龍

雲蝶の晩年の作品が残っている石動神社は、400段の石段を登った小高い山の上にあります。火災で焼失した拝殿を再建するため、本成寺の世話役の一人であった吉野屋の木原家が雲蝶に依頼して作られました。向拝(こうはい)の竜や、脇障子(わきしょうじ)、欄間彫刻などが残されています。(向拝、脇障子以外は非公開)

 

作品の解説

向拝の竜。初め右を向いていた竜でしたが水を飲みに山中の池に降りてきて人々が怖がったため、雲蝶が右向きにすげ替えたところ鎮まったという伝説があります。手挟(たばさみ)には鯉と亀の隠し彫りがなるなど、こちらも雲蝶の遊び心が詰まっています。

注意:冬季は冬囲いがされているため、見えにくくなっています。

 

石川雲蝶ガイド

石川雲蝶ガイド

市民ガイド団体「三条雲蝶会」では、本成寺や石動神社に残る石川雲蝶作品を案内するガイドを行っています。 普段、非公開の作品もガイドの案内で見ることが出来ます。詳しくはお問い合わせください。

 

《料金》 本成寺:1人700円(拝観料300円、資料代200円、ガイド料200円) 石動神社:1人500円(拝観料300円、ガイド料200円)

 

《申込み・問い合わせ先》 三条雲蝶会事務局:角田(つのだ) 0256−33−1754

その他

《参考文献》

「三条市史」資料編I 考古・文化 三条市 1981年7月

「新装版越後の名匠石川雲蝶足跡と作品を訪ねて」木原尚 写真と文新潟日報事業社 2010年6月

この記事に関するお問合せ
経済部 営業戦略室 観光係

〒955-8686 新潟県三条市旭町2-3-1
電話 : 0256-34-5605 (直通) ファクス : 0256-36-5111
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2019年02月20日