社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)

マイナンバー制度とは

  • マイナンバー制度とは、複数の機関に存在する個人の情報について、同一人の情報であるということの確認を行うための基盤となる制度です。
     社会保障・税制度の効率性や透明性を高め、国民のみなさまにとって利便性の高い、公平・公正な社会を実現するための基盤となります。
  • 市民のみなさまには平成27年10月から順次、住民票の住所地へ、12桁のマイナンバー(個人番号)を記載した通知カードを送付しました。
     
  • 原則として、一度指定されたマイナンバーは生涯変わりません。
マイナンバー制度のイメージキャラクターのイラスト

マイナンバー制度に関する詳細は下記リンクからご覧ください。
内閣官房 「社会保障・税番号制度ホームページ」

多言語版ページ

マイナンバー制度が導入されると

  • 平成28年1月から、社会保障や税関係の手続きに個人番号(マイナンバー)を利用することになり、さまざまな手続きにおいて申請者が窓口で提出する書類が簡素化されます。
     
  • 番号法に規定されている社会保障や税関係の手続きのほか、類似する事務については、地方公共団体が条例で規定することにより個人番号を利用することができ、各種申請手続きが簡素化されます。(独自利用事務といいます。)

また、国の個人情報保護委員会において承認された独自利用事務は、他の市町村等と情報連携ができるようになることから、各種申請手続きが簡素化されます。

(注意) 独自利用事務について、届出書を公表しています。公表した届出書は、下記リンクからご覧ください。

  • 「所得」や「行政サービスの受給状況」などが、より正確に把握できるようになるため、本当に困っている人への支援を行うなど、きめ細やかな行政サービスを受けることができます。

通知カードとは

市民のみなさまへ、マイナンバー(個人番号)をお知らせするためのカードであり、また、ご自身のマイナンバーを証明するためのカードとなります。

通知カードは平成27年10月から順次、市民のみなさまの住民票の住所地へ郵送されています。やむを得ない理由で住民票と違う住所にお住まいの方は「居所情報登録」が必要です。
登録はお早めにお願いします。

居所情報登録は下記リンクからご覧ください。

・住所、氏名、生年月日、性別、マイナンバー(個人番号) が記載されています。 記載されている情報に変更があった場合は、市区町村窓口へ通知カードを持参し、券面の書き換えを行っていただく必要があります。

・行政で申請手続きを行う時等に、マイナンバーの確認のために、「通知カード」 の提示を求められる場合があります。

・通知カードはご自身のマイナンバーを証明するための大切なものです。無くさないように、また、マイナンバーが第三者に知られることのない様に、大切に管理保管をお願いします。

・万が一、紛失した場合は、交番または警察署で遺失届出等をし、受理番号を控えて市役所窓口で紛失届を行ってください。

・通知カードの再交付には手数料500円が必要です。

通知カードが届いていない方へ

「不在通知」が届いている方、郵便物の転送手続きをされている方等通知カードが届いていない方は、市役所でお預かりしていますので、受け取りの手続きをお願いします。

(注意)郵便局からの「不在通知」が入っておらず、通知カードが届いていない方は、ご家族が通知カードを受け取っていないかご確認のうえ、市民窓口課までお問い合わせください。

  1.  受け取りができる方
    世帯主または同一世帯員で15歳以上の方
     代理人
    (注意) 原則世帯主または同一世帯員の方が受け取りをお願いします。
     
  2. 持参いただくもの
    受け取りを代理人に委任する場合は【5受け取りを代理人(同一世帯員以外の方)へ委任する場合に持参いただくもの】をご覧ください。
    本人確認書類 (運転免許証等写真付き公的証明書1点または保険証と年金証書、保険証と預金通帳等の2点)…原本
     
  3. 受取場所
    三条市役所市民窓口課(発券機で2番の番号札をお取りください。)
    なお、栄・下田サービスセンターでの受け取りを希望される方は、サービスセンターへご連絡ください。お電話いただいてから3日以降(土曜日、日曜日、祝日を除く)に、サービスセンターでの受け取りが可能です。
    栄サービスセンター :電話番号 0256-45-1110
    下田サービスセンター:電話番号 0256-46-5906
     
  4. 受取時間
    月曜日〜金曜日 午前8時30分〜午後5時30分まで
    (注意) 三条市役所市民窓口課のみ、火曜日は午後7時まで、日曜日は午前8時30分〜午後5時30分まで受け取りが可能です。
     
  5.   受け取りを代理人(同一世帯員以外の方)へ委任する場合に持参いただくもの
    本人確認書類(運転免許証等写真付き公的証明書1点または保険証と年金証書、保険証と預金通帳等の2点)…委任する方全員代理人両方の原本が必要です。

【様式ダウンロード(PDF形式)】

  1. 通知カードの受け取りを委任する世帯員全員の署名・押印が必要です。
  2. 成年後見人等の法定代理人の場合は、資格を証明する書類(登記簿謄本)や戸籍謄本(三条市に戸籍がある場合は省略可)が必要です。

マイナンバーカード(個人番号カード)とは

  • 顔写真付きICカードで、取得は任意です。平成28年1月より交付を開始します。
  • ご自身の個人番号(マイナンバー)を証明するため、また、本人確認のための身分証明書として使えるほか、証明書コンビニ交付等さまざまなサービスに利用できます。
  • 行政で申請手続きを行う時等に、個人番号(マイナンバー)の確認のために、「個人番号カード」の提示を求められる場合があります。
  • 交付時には、通知カードと引き換えになります。 また、住民基本台帳カードとの重複保持はできません。(住民基本台帳カードについては下記リンクからご覧ください。)
  • 個人番号カードはご自身の個人番号(マイナンバー)を証明するための大切なものです。無くさないように、また、個人番号(マイナンバー)が第三者に知られることのない様に、大切に管理保管をお願いします。

マイナンバーカードの独自サービス

窓口支援サービス

カードを窓口に提示することで申請書の記載が不要になります。

また、交付手数料についても、コンビニ交付サービスを利用したときと同じです。

図書資料の貸し出しサービス

三条市内の図書館に提示することで本やCDなどの図書資料の貸出を受けることができます。

選挙の入場受付管理

入場券がなくても、待ち時間なく瞬時に受付ができるようになります。

災害時の避難所の入退所管理

個人番号カードの所有者及びその世帯員を瞬時に受付できるようになります。

証明書コンビニ交付

交付できる証明書

住民票、印鑑登録証明書、所得(課税)証明書、戸籍証明書(三条市に本籍がある人に限る)

利用できるコンビニ

全国のセブン−イレブン、ローソン、サークルKサンクス、ファミリーマート

利用時間

午前6時30分から午後11時00分まで(運用休止日:12月29日から1月3日まで)

交付手数料

戸籍証明書:1通300円
戸籍以外の証明書:1通200円

「証明書コンビニ交付サービス」の詳しい内容については、下記リンクからご覧ください。

マイナンバーカードの申請方法

通知カードが届いたら申請ができます。個人番号カードの取得は任意です。
(注意) 個人番号カードの申請は三条市役所で受付を行っていませんので、以下の申請方法をご確認のうえ申請してください。

申請方法[1]郵送で

通知カードに同封されている「個人番号カード交付申請書兼電子証明書発行申請書」に必要事項を記入、押印、写真を添付します。

同封の返信用封筒に入れ地方公共団体情報システム機構へ送付してください。

送付先 〒219-8730
日本郵便株式会社 川崎東郵便局 郵便私書箱第2号
地方公共団体情報システム機構 個人番号カード交付申請書受付センター 御中

(注意)同封の返信用封筒について

  • お手元に送付封筒の差出有効期限が切れている方は、切手を張らずに、そのままお使いいただけます。
  • 返信用封筒を追加で欲しい方は、こちらから封筒作成の材料をダウンロードできます。
    詳しく内容については、下記リンクからご覧ください。

申請方法[2]スマートフォンから

スマートフォンのカメラで顔写真を撮影します。

申請書にあるQRコードを読み取り、サイトにアクセスし、メールアドレスの登録します。

申請者用WEBサイトにアクセスし、必要事項を入力し顔写真を添付して送信。

申請方法[3]まちなかの証明用写真機から

申請可能な証明用写真機に交付申請書を持参し入る。(注意)証明用写真機は利用の多い場所から順次対応していく予定です。平成27年12月1日時点では三条市内には対応可能な証明写真機は設置されていません。

タッチパネルから 「個人番号カード申請」を選択し、撮影用のお金を入れて交付申請書のQRコードをバーコードリーダーにかざす。

画面の案内に従って必要事項を入力し、顔写真を撮影、送信。

申請方法[4]申請代行サービス

市民窓口課に電話し、申請代行サービスを受ける日時を予約します。

予約日に通知カードに同封されている「個人番号カード交付申請書兼電子証明書発行申請書」及び本人確認書類(「運転免許証等顔写真付き公的証明書1点」、「保険証と年金証書の2点」、「保険証と預金通帳等の2点」のいずれか)をお持ちになり、窓口へおいでください。

(注意)通知カードに同封されている「個人番号カード交付申請書兼電子証明書発行申請書」を紛失された人は、再発行しますので本人確認書類をお持ちください。

顔写真の撮影及びカード申請を市役所職員が代行します。

マイナンバーに関するお問い合わせは

  1. マイナンバー制度に関するお問い合わせは…
    マイナンバー総合フリーダイヤル
    【日本語】
    0120-95-0178
    【英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語】
    0120-0178-26
    受付時間
    平   日:午前9時30分から午後10時00分まで
    土日祝:午前9時30分から午後5時30分まで
    (年末年始12月29日〜1月3日を除く。英語以外の言語については平日午前9時30分から午後8時00分までとなります。)

    国の関連ホームページ
    内閣官房 「社会保障・税番号制度ホームページ」

多言語版ページ

  1. マイナンバー制度のことなら出前講座!!
    マイナンバー制度の概要や証明書コンビニ交付サービスなどの三条市独自サービスについて、市の職員が分かりやすく説明する出前講座を行っています。
    出前講座の詳しい内容は、下記リンクからご覧ください。
この記事に関するお問合せ
市民部 市民窓口課 市民総合窓口係

〒955-8686 新潟県三条市旭町2-3-1
電話 : 0256-34-5540 (直通) ファクス : 0256-31-1105
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2019年02月20日