介護手当支給

在宅で介護している方の慰労を図るため、介護手当を支給します。

内容

1 対象者

要介護3以上の方を在宅で介護している方

 

2 手当の額

月額 5,000円

 

3 支給期間

申請書を市に提出した月から、資格がなくなるまでの期間。

 

4 支給方法

年3回、4か月分をまとめて、指定された金融機関へ振り込みます。

  • 8月末振込(4〜7月分)
  • 12月末振込(8〜11月分)
  • 4月末振込(12〜3月分)

 

5 チラシ

次のとおりダウンロードできます。

ねたきり高齢者等介護手当について(チラシ)

申請方法

1 次の書類が必要です。

  • 申請書(再申請の場合は、再申請書になります。)
  • 実態確認調査書
  • サービス利用票(兼居宅サービス計画)の写し(作成されている場合に限ります。)

2 次の窓口へ書類を提出します。

  • 福祉保健部 高齢介護課 介護保険係 電話 0256−34−5476(直通)
  • 栄サービスセンター 総合窓口グループ 電話 0256−45−1110
  • 下田サービスセンター 総合窓口グループ 電話  0256−46−5906

 

3 審査の上、決定通知書をお送りします。

 

4 支給月に手当を支給します。あわせて支給通知書でお知らせします。

資格の消滅

次の場合には資格がなくなりますので、市役所へ資格消滅届を提出してください。

  • 介護をしなくなったとき
  • 介護者又はねたきり高齢者等が市外へ転出したとき
  • ねたきり高齢者等が介護保険施設等へ入所したとき(短期入所は除きます。)
  • ねたきり高齢者等が病院(医療型)へ3か月以上入院したとき
  • 「非該当」又は「要支援1・2」若しくは「要介護1・2」に認定されたとき
  • 要介護認定の有効期限が切れたとき

なお、消滅の届出が遅れ、資格がなくなった後に支給された手当がある場合は、返還していただくことになりますので、御注意ください!

よくある質問

質問1
Q: 振込口座は介護者の口座でなければいけませんか?
A: 介護している介護者への慰労金ですので、介護者の口座でお願いします。ただし、介護者が口座をお持ちでない場合は、同居家族の口座でもかまいません。
質問2
Q: この事業があることを知りませんでしたが、遡って申請はできますか?
A: 手当の支給期間は、申請のあった日の属する月からですので、遡っての申請はできません。
質問3
Q: 介護者や振込口座を変更することはできますか?
A: 介護者の変更や振込口座の変更はできますが、 変更届の提出が必要です。なお、介護者変更の場合は、実態確認調査書及びサービス利用票(兼居宅サービス計画)の写しの提出も必要になります。
質問4
Q: 死亡や入所した場合は、いつまで手当が支給されるのですか?
A: 死亡日又は入所日の属する月の分まで支給になります。
質問5
Q: 年齢70歳です。介護認定は受けていませんが、身体障害者手帳1級を持っています。対象になるでしょうか?
A: 身体障害者手帳をお持ちの方で対象になるのは65歳未満の方です。65歳以上の方は要介護3以上の方が対象になります。まずは介護認定を申請してください。

 

65歳未満で身体障害者手帳1級若しくは2級、療育手帳A又は精神障害者保健福祉手帳1級をお持ちの方

65歳未満で身体障害者手帳1級若しくは2級、療育手帳A又は精神障害者保健福祉手帳1級をお持ちの方の担当窓口は福祉課です。

福祉保健部 福祉課 障がい支援係 電話:0256−34−5408(直通)

この記事に関するお問合せ
福祉保健部 高齢介護課 介護保険係

〒955-8686 新潟県三条市旭町2-3-1
電話 : 0256-34-5476 (直通) ファクス : 0256-32-0028
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2019年04月27日