電気火災対策(感震ブレーカー)

地震による電気火災ってどんな火災?

地震の揺れに伴う電気機器等からの出火や停電が復旧した時に発生する火災です。

 《 火災事例 》

・家具などが転倒したことに伴い、電気暖房器具等が可燃物に接触して出火した。

・家具が転倒・落下した際に電気コードが損傷し、その後電気が復旧した瞬間に電気コードがショートし出火した。 など

感震ブレーカーを設置しましょう!

地震が発生した際に起こる火災の原因の中で電気関係の出火が多数を占めます。

家具の転倒に伴い電気暖房器具等への可燃物の接触や電源コードの損傷などによって出火するといったことは、どの家庭でも実際に起こりえることです。

感震ブレーカーってなに?

地震の揺れを感知すると、あらかじめ設定しておいた震度以上の場合に自動的にブレーカーを落として電気を遮断します。

工事な必要なものからコンセント型のものなどがあり、ご家庭の状況によって使い分けることが可能です。

感震ブレーカーの種類
種類 特徴 価格 電気工事
分電盤タイプ (内蔵型) 分電盤に内蔵されたセンサーが揺れを感知し、電力供給を遮断する。 約5〜8万円 必要
分電盤タイプ (外付け型) 分電盤に感震機能を外付けするタイプ。 漏電ブレーカーが設置されている場合に設置可能。 約2〜4万円 必要
コンセントタイプ コンセントに内蔵されたセンサーが揺れを感知し、コンセントからの電力供給のみを遮断する。 約5千〜2万円 工事が必要なものと差し込むだけのものがある。
簡易タイプ 地震によって重りが落下したり、振り子が作動することで、重力やバネの力でブレーカーを落とし、電力供給を遮断する。 約3〜4千円 不要

 

感震ブレーカーの画像

分電盤(内蔵型)の画像

        分電盤タイプ(内蔵型)

分電盤(外付け型)の画像

     分電盤タイプ(外付け型)

コンセントタイプの画像

コンセントタイプ

簡易タイプの画像

簡易タイプ

この記事に関するお問合せ

消防本部 警防課 予防・指導係

〒955-0082 新潟県三条市西裏館3-3-10
電話 : 0256-34-1111 ファクス : 0256-33-3555
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2019年04月04日