出生届

戸籍は人の出生や死亡、親子や夫婦関係のことを記録し証明する制度です。

次のような場合は届出をすることによって戸籍に記載されます。

届出によっては届出期間が定められているものもありますのでご注意ください。

戸籍があるところを本籍地といい、戸籍の筆頭者とは戸籍の最初に名前が載っている人のことをいいます。

届出人とは、届出書に署名・押印を行う法律で決められた人をいい、届出書を市役所へ持って行く人のことではありません。

出生届

子どもが生まれたときの届出です。

詳細
届出期間 生まれた日を含めて14日以内
(届出の期間の最終日が休日に当たる場合は、休日明けが届出の最終日となります。)
届出人 1 父または母
2 同居人
3 出産に立ち会った医師・助産師 などの順
※子の父母が婚姻していない場合は母が届出人となります。
届出場所 <三条庁舎市民総合窓口>
・月曜日〜金曜日 午前8:30〜午後5:30
(祝日及び年末年始を除く)
☆時間外窓口サービスを実施しています。
・火曜日 午後5:30〜午後7:00(祝日及び年末年始を除く)
※他市区町村に問い合わせが必要な場合は、
即日に対応できない場合があります。
<栄、下田サービスセンター総合窓口>
・月曜日〜金曜日 午前8:30〜午後5:30
(祝日及び年末年始を除く)

※上記の時間外でも当直室または管理員室で受付をしていますが、手続きのため再度窓口へ来ていただきます。
※父母の本籍地、父母の所在地、子の出生地のいずれかの市区町村窓口で届出ができます。
届出に必要なもの ・出生届書と出生証明書
(この2つは同じ用紙に印刷されています。病院または助産師からもらってください。)
・届出人の印鑑
・母子手帳
・保険証
・預金通帳(保護者名義)
この記事に関するお問合せ
市民部 市民窓口課 市民総合窓口係

〒955-8686 新潟県三条市旭町2-3-1
電話 : 0256-34-5540 (直通) ファクス : 0256-31-1105
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2019年02月20日