水道管の凍結にご注意ください!

寒さが厳しくなると、水道管や蛇口が凍結しやすくなります。凍結すると水が出なくなったり、水道管が破裂することがあります。

次のような場合は注意が必要です。

  • 外気温がマイナス4℃以下になるとき
  • 家を留守にするなど、長期に水道を使用しないとき
  • 水道管がむき出しになっているところ
  • 屋外で日が当たらない、または風当たりが強いところ



凍結被害を防ぐには?

  • 長期間留守にするときは元栓(止水栓)を閉める。
  • 露出している水道管や蛇口に防寒材や布などを巻きつけて防寒する。
  • 蛇口から水を少し出しておく。(出した水はバケツなどにためて、再利用してください。)

 

凍結してしまったら?

  • 自然に溶けるのを待つか、凍った部分にタオルなどをかぶせて、その上からぬるま湯をゆっくりかけます。(熱湯だと水道管を破裂させる恐れがあります。)
  • 朝の炊事などは、汲み置きをしておくことをお勧めします。水洗トイレは、風呂の残り湯を利用されるなどの対応をお願いします。

 

水道管が破裂してしまったら?

メーターボックスの中にある止水栓を閉め、三条市指定給水装置工事事業者に修理を依頼してください。

三条市指定給水装置工事事業者につきましては、下記リンクをご確認ください。

 

気づかないところで漏水していることも・・・

地下や壁の中など、普段気づかないところで漏水している場合があります。定期的に水道メーターを確認しましょう。

確認する際は、宅内の蛇口をすべて閉めて水道メーターが回っていないか確認してください。

 

寒気が緩んできたら要注意!

水道管が破裂しても凍っていると気づきません。寒気が緩んで氷が解け始めると水が噴出していることがあります。

日頃よりメーターボックスの位置を確認しておいてください。

この記事に関するお問合せ
建設部 上下水道課 業務係

〒955-0192 新潟県三条市荻堀830番地1
電話 : 0256-46-5900 (直通) ファクス : 0256-46-4990
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2020年12月01日