福祉用具の購入・住宅改修

特定福祉用具購入・特定介護予防福祉用具購入費支給

入浴や排泄などに使用する福祉用具の購入費を支給します。
一旦費用の全額を支払っていただき、後日、市から保険給付分(9割、8割又は7割)の払戻しを受ける仕組みです。
ご利用に当たっては、あらかじめケアマネジャー等にご相談ください。
(注意)福祉用具販売事業所の指定を受けた事業所で購入した場合に限って支給対象となります。

支給対象品目

  • 腰掛便座
  • 入浴補助用具
  • 自動排泄処理装置の交換可能部品
  • 簡易浴槽
  • 移動用リフトのつり具の部分

支給限度基準額

1年度(4月~翌年3月)につき10万円

手続きの流れ

1 相談・検討 高齢介護課窓口やケアマネジャーに相談します。
2 福祉用具購入 福祉用具販売事業所の指定を受けた事業所で福祉用具を購入します。
3 支給申請 福祉用具購入後に支給の申請をします。申請には、領収書、商品パンフレット(写し)などが必要です。後日、保険給付分が振り込まれます。

 

 

居宅介護住宅改修・介護予防住宅改修費支給

在宅で生活している方が、その居住する住宅において生活環境を整えるための住宅改修を行った場合に改修費を支給します。
一旦費用の全額を支払っていただき、後日、市から保険給付分(9割、8割又は7割)の払戻しを受ける仕組みです。
ご利用に当たっては、あらかじめケアマネジャー等にご相談ください。
(注意)住宅改修工事着工前に事前申請を行い、確認を得ることが必要です。

対象工事

  • 廊下、階段、浴室などへの手すりの取付け
  • 段差解消のためのスロープ設置等
  • 滑り防止、移動円滑化のための床材変更等
  • 開き戸から引き戸などへの扉の取替え
  • 和式便器から洋式便器への便器の取替え
  • 上記の改修に伴って必要となる工事

支給限度基準額

1人につき20万円

手続きの流れ

1 相談・検討 高齢介護課窓口やケアマネジャーに相談します。
2 事前申請 工事着工前に住宅改修の申請をします。申請には、住宅改修が必要な理由書、見積書(原本)、写真(日付入り)などが必要です。
3 工事 市の確認を受けてから工事に着工します。工事完了後は、改修費用を一旦全額自己負担して工事業者に支払います。
4 事後申請 工事完了後に支給の申請をします。申請には、領収書、写真(日付入り)などが必要です。後日、保険給付分が振り込まれます。

高齢者住宅整備補助

介護保険の「住宅改修費」と併用できる「高齢者住宅整備補助」もあります。

この記事に関するお問合せ
福祉保健部 高齢介護課 介護保険係

〒955-8686 新潟県三条市旭町2-3-1
電話 : 0256-34-5476 (直通) ファクス : 0256-32-0028
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2019年02月20日