風しんの追加的対策について

 あなたと、これから生まれてくる子どもを守るために風しんの抗体検査と予防接種をお受けください。 

 風しんは成人がかかると症状が重くなることがあります。また、妊娠初期の妊婦さんに感染させてしまうと、生まれてくる赤ちゃんの目や耳、心臓に障がいが起きることがあります。

風しんの予防接種は、現在、予防接種法 (注)に基づき公的に行われております。しかし、公的な接種を受ける機会がなかった昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性は、女性及び他の世代の男性(乳幼児を除く)が約90パーセントであるのに対し、抗体保有率が他の世代に比べて低く約80パーセントになっています。

 昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性を風しんの定期接種の対象者とし、クーポン券を発行しております。

 

 (注)予防接種法(昭和23年法律第68号)第5条1項の規定に基づく定期予防接種

1 対象者

 三条市に住所を有する方で、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性です。

令和元年度から令和3年度にかけて、対象者へクーポン券を郵送しました。

まだ受検されてない方で再発行を希望される場合は、担当係まで御連絡下さい。

2 助成対象期間

 令和5年2月28日まで(クーポン券の有効期限を延長しました。)

 「接種を実行した日」が上記の期間までの場合、助成対象になります。

3 接種方法

 風しん抗体検査は、特定健康診査や人間ドック又は医療機関で受けることができます。抗体検査を受けていただき、風しんの抗体検査受診票の判定結果が「対象」になった方は、予防接種を受けてください。

 接種の際は、市が発行した無料クーポン券と、健康保険証や免許証などの住所、氏名、生年月日が確認できるものをお持ちください。

4 接種医療機関

この記事に関するお問合せ
福祉保健部 健康づくり課 健診係

〒955-8686 新潟県三条市旭町2-3-1
電話 : 0256-34-5443 (直通) ファクス : 0256-34-5572
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2022年03月31日