生活困窮者自立支援制度

生活や仕事のこと、ひきこもりのことで心配なことはありませんか?

御本人、ご家族等からの相談に応じ、解決に向けたサポートを行っています。

一人で悩まずご相談ください。

制度の概要

・ 「生活に困っている」、「失業して家賃を支払えない」、「仕事がなかなか見つからない」、「社会との関わりが不安」などという方に対して、相談支援員が相談を受け、必要に応じて一人ひとりの状況に合わせた支援プランを作成し、自立に向けた支援を行います。

・御家族や地域の方からの相談も受けています。

支援の内容

(1) 自立相談支援事業

相談支援員が相談を受け、どのような支援が必要であるかを把握し、適切なサービスや関係する機関につなぎます。


・必要に応じて支援プランを作成し、自立に向けた支援を行います。

・緊急でお困りの方に食料品の支援をします。(フードバンク)

・生命維持が危ぶまれるなど、緊急で生活費用が必要な方に緊急生活資金を給付します。(にいがたセーフティーネット事業)

(2) 就労支援員による就労支援

本人の状況に応じた就労支援を行います。ハローワークと連携して、早期就労を目指す支援も実施しています。

(3)「LINE」でのオンライン相談(予約制)

「LINE」を使って、自宅に居ながら相談ができるようになりました。

なかなか外出ができない…、対面での相談に不安がある…など、窓口に来なくてもスマホやタブレットなどで相談ができます。

1 受付時間  9:00~17:00(土、日、祝日を除く)

2  相談方法

(1) 相談予約

ご利用前に必ず利用規約をお読みください。→利用規約(PDFファイル:156.3KB)

次のQRコードを読み取り、「まるさぽ_三条市」アカウントを友だち追加してください。

「まるさぽ_三条市」の友だち追加をもって、利用規約に同意したものとさせていただきます。

追加された方には、相談員から相談希望日時等の確認の連絡をします。

LINEアカウント「まるさぽ_三条市」

(2) 相談開始

予約時間になりましたら、チャット方式又はビデオ通話方式での相談を開始します。

※1回の相談時間は30分以内を基本とします。

※通信機器を準備する費用及びパケット通信料などの費用は利用者の負担となります。

 

電話、窓口での相談も行っていますので、お気軽にご相談ください。

(4) 住居確保給付金の支給

離職等により住居を失った、または失うおそれの高い方に対して、就職に向けた活動をすることなどを要件に、有期で家賃相当額を支給します。

(注意)一定の資産、収入等の要件を満たしている方が対象です。

詳しくは「住居確保給付金のしおり」をご覧ください。

(5) 各種資金貸付

緊急かつ一時的な生計維持のため、各種貸付を行っています。

(6)新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金

新型コロナウイルス感染症の影響により生活に困窮する世帯で、緊急小口資金等の特例貸付が利用できない世帯に対して、支援金が支給されます。

(1)~(6)に関する相談窓口

三条市社会福祉協議会(三条市東本成寺2番1号/0256-47-4422)

対応時間 9:00~17:00(土、日、祝日を除く)

(7) 就労準備支援事業

「離職期間が長くなってしまった」、「社会との関わりに不安がある」など、直ちに就労することが困難な方に対して、有期で就労に向けた支援を実施します。

(注意)一定の資産、収入等の要件を満たしている方が対象です。

(7)に関する相談窓口

ささえあいコミュニティ生活協同組合新潟 ここから…

(三条市桜木町12番38号/070-4011-7560)

(8) 求職者支援制度

「求職者支援制度」とは、雇用保険を受給できない方が、職業訓練によるスキルアップを通じて早期就職を実現するための制度です。

(9) 新潟県居住支援協議会

保証人になれる方がいなくて住宅が見つからないなど、住まいにお困りの方の相談にのり、住宅探しのお手伝いをします。

この記事に関するお問合せ
福祉保健部 福祉課 福祉・公営住宅係

〒955-8686 新潟県三条市旭町2-3-1
電話 : 0256-34-5405 (直通) ファクス : 0256-35-2150


メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2022年04月01日