大規模小売店舗立地法

大規模小売店舗立地法について

大規模小売店舗(店舗面積が1,000平方メートルを超えるもの)の立地に際しては、交通・騒音等、周辺の生活環境に与える影響が予想されます。

このため、大規模小売店舗立地法では、大規模小売店舗の設置者(建物所有者)が周辺地域の生活環境を保持しながら運営を行うよう、必要な手続きや配慮すべき事項等を定めています。

手続きについて

三条市内に大規模小売店舗の新設等をする者は、市へ届出をします。

市は、届出を受けると届出内容について公告します。 また、届出書類は公告の日から4か月間縦覧に供されます。

届出者は、届出の日から2か月以内に届出内容を周知させる説明会を開催します。

住民等は、公告の日から4か月以内に書面により市へ意見を述べることができます。

市は、住民等の意見に配慮して、「指針」に基づき内容を審査し、届出の日から8か月以内に市の意見の有無を届出者へ通知します。    

   ■

大規模小売店舗の届出

(1)新 設

【平成24年度】

・平成24年7月12日に

」の届出がありました。(7月25日告示)

【平成25年度】

・平成25年10月4日に

の届出がありました。(10月15日告示)

この記事に関するお問合せ
経済部 商工課 商工係

〒955-8686 新潟県三条市旭町2-3-1
電話 : 0256-34-5610 (直通) ファクス : 0256-36-5111
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2019年02月20日