三条市から市外へ引っ越しするとき

住民票は、個人の住所や氏名などが記録されたものです。

住民票の記録は、選挙・義務教育・国民健康保険・国民年金などの行政全般の基本となる大切な情報ですので、つぎのようなときに届出をしてください。

転出届

三条市から市外へ引越しするときの届出です。

届出
届出期間 引越しする予定日の14日前から
届出人 本人または同一世帯の方
届出場所

三条庁舎市民総合窓口
・月曜日~金曜日 午前8時30分~午後5時30分(祝日及び年末年始を除く

時間外窓口サービスを実施しています。

・火曜日 午後5時30分~7時(祝日及び年末年始を除く)
他市区町村に問合せが必要な場合は、即日に対応できない場合があります。

栄、下田サービスセンター総合窓口
・月曜日〜金曜日 午前8時30分~午後5時(祝日及び年末年始を除く)

届出に必要なもの

届出人の身分証明書(免許証や保険証など)
1 届出人が代理人の場合は委任状、代理人の印鑑と身分証明書
2 同じ住所であっても世帯を分けている場合は、委任状が必要です。

(郵送請求の場合は、身分証明書は写しで可)
委任状(PDF:81.2KB)

3 該当者のみ必要なもの(印鑑が必要な場合があります。)
印鑑登録証、国民健康保険証、後期高齢者医療保険証
国民年金手帳(国外に転出するとき)
福祉年金証書(国外に転出するとき)
介護保険証、母子手帳、各種医療助成受給者証

医療や児童手当など関連するお手続きについてはこちらをご覧ください。

マイナンバーカード(個人番号カード)または住基カードをお持ちの方
市外へ引越しをする際に「転入届の特例」を受けることができます。転出届出の時点で、有効なマイナンバーカード(個人番号カード)または住基カードをお持ちの方が転出をする際に、転出地の窓口で手続きを行い、転入地の窓口においてマイナンバーカード(個人番号カード)または住基カードの提示および暗証番号の入力により転入の届出を行うものです。
転出地の窓口へ郵送で転出届を提出した場合は、転入地の窓口に一度行くだけで手続きができます。
また、同一世帯内で住民基本台帳カードを持っている人と一緒に転出する場合は、この特例に該当します。

三条市役所での手続き終了後に転入先市区町村で手続きをしていただきます。(三条市役所での処理が終了しましたら、連絡をさせていただきます。)

なお、郵送での手続きの際は、転出証明書を送付するため、切手を貼付した返信用封筒を同封してください。

転出届(特例)(PDF:118.9KB)(住民基本台帳カードをお持ちの方)

申請書

住民異動届(PDF:158.5KB)

記入例(PDF:223.4KB)

マイナンバーカード(個人番号カード)または住基カード・署名用電子証明書について

マイナンバーカード(個人番号カード)または住基カードは、転入届の際に必要になりますので、転入先の市区町村に持参してください。

また、三条市で交付を受けたマイナンバーカード(個人番号カード)または住基カードは、転入先の市区町村で手続きをすることによって、転入後も使用することができます。詳しくは、転入先の市区町村にお問い合わせください。

また、署名用電子証明書を利用の方は、転出予定日をもって自動的に失効します。引き続き利用を希望される場合は、転入先の市区町村で手続きしてください。

転入先で手続きする際は、カードの暗証番号を入力が必要です。

この記事に関するお問合せ
市民部 市民窓口課 市民総合窓口係

〒955-8686 新潟県三条市旭町2-3-1
電話 : 0256-34-5540 (直通) ファクス : 0256-31-1105
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2019年11月13日