市民税・県民税申告、所得税の申告期限が延長になりました

新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、令和2年度市民税・県民税、令和元年分所得税の申告期限が令和2年4月16日(木曜日)までに延長します。

3月17日(火曜日)から4月16日(木曜日)までの期間は三条庁舎のみでの受付になります。
市役所会場での申告は予約制になりますので申告希望日の2日前までに予約をしてください。

なお、所得税の確定申告については、感染拡大により外出を控えるなど期限内に申告することが困難な方を対象に、4月17日(金曜日)以降も三条税務署で受付ることとなりました。

申告期限延長期間に申告書を提出する際の注意点

3月17日(火曜日)以降に提出された確定申告書及び市民税・県民税申告書については、申告内容が個人市民税・県民税の当初の課税に間に合わない場合があります。その場合は第2期以降での課税又は税額変更の処理を行い、対象の方に納税通知書等によりお知らせいたします。口座振替による全期前納を希望されている方につきましては、課税又は税額変更した税額を第2期以降の各期の口座振替となりますので御了承ください。

また、市税のデータなどから算定される各種保険料や各種手当等にも影響が出る場合があります。

御理解と御協力をお願いいたします。

申告予約について

予約方法

 

市民税・県民税の申告

 

申告受付期間

2月17日(月曜日)~4月16日(木曜日)※予約制

4月17日(金曜日)以降※予約不要

午前8時40分~午後4時

予約受付期間

2月3日(月曜日)~4月14日(火曜日)

*予約申込みは午前8時30分~午後5時15分です。

*希望日の2日前までに御予約をお願いします。

予約期限

*2日前までに予約してください。

*先着順です。

*土・日・祝日を除きます。

予約方法

【1 会場を選びます】

・三条庁舎 税務課窓口(3月17日から)

・三条庁舎 2階 大会議室(2月17日から3月16日まで)

・栄庁舎     3階 研修室(2月17日から3月16日まで)

・下田庁舎  1階 多目的ルーム(2月17日から3月16日まで)

【2 電話をします】

希望する会場に電話をしてください。

予約専用ダイヤル

三条庁舎  電話 0256-34-5606

栄庁舎  電話 0256-45-1166(2月17日から3月16日まで)

下田庁舎  電話 0256-46-0074(2月17日から3月16日まで)

*次の窓口でも予約できます

三条庁舎 税務課 市民税係

栄庁舎 栄サービスセンター

下田庁舎 下田サービスセンター

 

【3 希望日などを伝えます】

1 希望日、時間帯、申告件数を伝えてください。

2 氏名、住所、電話番号を伝えてください。

3 申告内容を確認して予約完了です。

予約に関する
注意事項

・予約後に都合がつかなくなった場合は、連絡をお願いします。

・予約当日、受付されなかった場合はキャンセル扱いとなります。

・予約時間と多少前後することがあります。

申告会場での予約の受け付けは行っておりません。

その他 事業所得の収支内訳書、合計額を記載した医療費控除の明細書などが作成されていないと受付できませんので、必ず作成の上、お越しください

【次の申告は次の会場のみで受け付けます】

青色申告・譲渡所得(土地、建物、株式の譲渡)・住宅借入金等特別控除の初年度・繰越損失

三条税務署での申告受付について

所得税・復興特別所得税の申告  

申告会場

3月17日(火曜日)から4月16日(木曜日)まで

三条税務署※事前予約は必要ありません

4月17日(金曜日)以降から当面の間

三条税務署※事前電話予約制となります

お問合せ 三条税務署 電話 0256-32-6211(自動音声案内)
受付時間 午前9時〜午後4時

申告が必要な人

申告が必要な人

〇所得税および復興特別所得税の確定申告

[1]営業・農業・不動産所得などがあり、令和元年中の所得(収入-必要経費)が所得控除の合計額を上回る人

[2]給与所得者で、次のいずれかに当てはまる人

・給与の収入金額が2,000万円を超える

・給与を1カ所から受けていて、給与所得や退職所得以外の所得の合計額が20万円を超える

(20万円以下の方は市民税・県民税の申告が必要です。)

・給与を2カ所以上から受けている など

〇市民税・県民税の申告

令和2年1月1日現在、市内に住所のある人

*次のいずれかに当てはまる人は申告は不要です。

・給与収入のみで年末調整で手続きが終わっている人

・確定申告をする人

・公的年金等による収入(400万円以下)のみで、所得控除の申告が必要ない人

*所得税及び復興特別所得税の還付を受ける人は確定申告が必要です。

収入がない方も申告が必要です。

申告をしなかった場合、児童手当、国民健康保険、後期高齢者医療保険、各種福祉制度、所得証明書の発行などに不都合が生じることがあります。

申告に必要なもの

 

必要な資料が足りない時は、受付できない場合がありますので御注意ください。
また、国税庁ホームページ「確定申告などの様式・手引き」も参考にしてください。

申告に必要なもの

各種様式

国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」をご利用ください

所得税および復興特別所得税の確定申告書は、国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」で作成することができます。

画面の案内に従って入力すれば、税額などが自動的に計算され、所得税の申告書や、医療費控除・住宅ローン控除の還付申告書などが作成できます。

印刷して郵送するか、e-taxで送信してください。

問合せ・・・三条税務署  電話 0256(32)6211 (自動音声案内)

2確定申告特集バナー
この記事に関するお問合せ
総務部 税務課 市民税係

〒955-8686 新潟県三条市旭町2-3-1
電話 : 0256-34-5529 (直通) ファクス : 0256-36-4321
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2020年04月13日