市税の納税が困難なときは

市税の減免

納税者が、次の要件に該当する場合は、市税が減免されることがあります。 減免を申し出る場合は、下記担当までお問い合わせください。

 

市税の減免一覧
税の種類 主な要件   問い合わせ先

個人市民税

(1) 天災その他の災厄により甚大な損害を受けた者

(2) 生活保護法の規定による保護を受ける者

(3) 市民税の賦課を受けた年の所得が皆無となったため生活が著しく困難となった者又はこれに準ずる者

市税減免申請書(PDF:87.8KB)

税務課市民税係

0256-34-5529(直通)


固定資産税

(1) 天災その他の災厄により甚大な損害を受けた固定資産

(2) 生活保護法の規定による保護を受ける者の所有する固定資産

(3) 貧困により生活のため公私の扶助を受ける者の所有する固定資産

税務課資産税係

0256-34-5530(直通)



軽自動車税

(1)災害、その他これに類する理由により、生活が困難になった場合

(2)生活保護法により扶助を受けている場合

(3)「身体障害者手帳」「精神障害者保健福祉手帳」等の交付を受けている方 (18歳未満の方の場合、同一生計者)が所有している場合 *その他詳細はこちらから

税務課市民税係

0256-34-5529(直通)

また、市税等を一時的に納付できない方のために、納める時期を遅らせる制度(徴収猶予・換価の猶予)があります。詳しくは、下記ページをご覧ください。

この記事に関するお問合せ
総務部 税務課 市民税係

〒955-8686 新潟県三条市旭町2-3-1
電話 : 0256-34-5529 (直通) ファクス : 0256-36-4321
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2019年07月25日