固定資産税(家屋調査)

  平成31年中に新築、または増改築された家屋(住宅等)は、平成32年度から固定資産税・都市計画税の課税の対象となります。

この税額の基礎となる評価額を算出するために、市の職員(固定資産評価補助員)が建物の「家屋調査」を行います。

調査では、その家屋の外部仕上げ、部屋ごとの内部の仕上げ、建築設備などを確認させていただきます。

事前に連絡をし、調査を行う日程を決めさせていただきますので、御協力をお願いします。

なお、通常は建物表示登記がされた翌月以後に「家屋調査」を行いますが、お引越し前などに調査を希望される方は事前に税務課資産税係の家屋調査担当へ御連絡ください。

この記事に関するお問合せ
総務部 税務課 資産税係

〒955-8686 新潟県三条市旭町2-3-1
電話 : 0256-34-5530 (直通) ファクス : 0256-36-4321
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2019年02月20日