水道水の放射性物質測定結果

新潟県では、福島第一原子力発電所の被災に伴い、平成23年3月20日から河川水(三条市では五十嵐川大谷ダム)及び水道水(三条市では大崎浄水場及び遅場浄水場の浄水)の放射性物質の測定を行っております。今現在、三条市の測定結果については放射性ヨウ素、放射性セシウムとも検出されておりません。

新潟県内の放射線測定データについて

三条市内の放射線測定データについて

河川水及び水道水の放射性物質の測定結果について

注意事項

この検査は、検出限界値が概ね1ベクトル/キログラムです。(新潟県ホームページより抜粋)

検査機関は平成25年3月分まで新潟県放射線監視センター新潟分室で行い、平成25年4月分以降は新潟県放射線監視センター新潟分室、一般社団法人 県央研究所、新潟県保健環境科学研究所で行っております。

食品衛生法の規格基準(飲料水)
  放射性セシウム 放射性ヨウ素
食品衛生法の規格基準(飲料水) 10ベクトル/キログラム -(注意1)

(注意1)放射性ヨウ素の基準は設定されていません。

過去の測定結果は下記リンクをご覧ください。

浄水場汚泥の放射性物質調査結果及び浄水場の立入調査結果

大崎浄水場発生汚泥等の空間放射線量検査結果

大崎浄水場保管汚泥の放射性物質測定結果

三条地域水道用水供給企業団の放射線測定データについて

三条市での対応

市では、新潟県の放射能測定結果を注視しながら、より安全・安心な水道水の供給に努めてまいります。

浄水場での対応

  • 凝集沈殿ろ過の徹底

浄水場において、凝集処理を徹底して行って監視しています。

この記事に関するお問合せ
建設部 上下水道課 業務係

〒955-0192 新潟県三条市荻堀830番地1
電話 : 0256-46-5900 (直通) ファクス : 0256-46-4990
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2019年02月20日