特定環境保全公共下水道事業の概要

公共下水道のうち主として市街化区域以外で設置され、農山漁村の生活環境の改善を図るための下水道で処理対象人口が10,000人以下の小規模なものを特定環境保全公共下水道といいます。

特定環境保全公共下水道は、市民の公衆衛生の向上と生活環境の改善を図り、併せて水質及び自然環境の保全を行い、家庭、工場等から出る汚水を処理することを目的に計画され、管渠施設や汚水処理場の建設工事を行っています。

三条市では、現在、栄処理区と下田処理区の2処理区を整備しております。

栄処理区

栄処理区では、汚水処理施設の一部完成と管渠施設の整備完成に伴い、国の許可を得た49.0ヘクタールが平成13年3月30日から下水道として使用できるようになりました。また、平成25年度に新たに許可を受けた201.0ヘクタールを整備するために、管渠施設の整備を進めています。

栄処理区域 下水道計画の概要

区分 全体計画 認可計画
計画目標年度 平成42年度 平成25年度〜
平成30年度
計画処理面積 322.0ヘクタール 201.0ヘクタール
排除方式 分流式
計画処理人口 4,380人 2,870人
計画汚水量 日平均 1,900立方メートル/日 1,330立方メートル/日
日最大 2,170立方メートル/日 1,510立方メートル/日
時間最大 3,610立方メートル/日 2,540立方メートル/日
放流水質 BOD 15ミリグラム/l
S S 20ミリグラム/l
処理施設 処理方法 オキシデーションディッチ法
敷地面積 18,200平方メートル
処理能力 2,200立方メートル/日 1,600立方メートル/日

下田処理区

下田処理区では、汚水処理施設の一部完成と管渠施設の整備完成に伴い、国の許可を得た49.6ヘクタールが平成12年3月1日から下水道として使用できるようになりました。また、平成21年度に新たに許可を受けた373.0ヘクタールを整備するために、汚水処理場の増設と管渠施設の整備を進めています。

下田処理区域 下水道計画の概要

区分 全体計画 認可計画
計画目標年度 平成30年度 平成22年度〜
平成28年度
計画処理面積 378.0ヘクタール 373.0ヘクタール
排除方式 分流式
計画処理人口 7,810人 7,830人
計画汚水量 日平均 3,233立方メートル/日 3,241立方メートル/日
日最大 3,865立方メートル/日 3,874立方メートル/日
時間最大 6,821立方メートル/日 6,838立方メートル/日
放流水質 BOD 15ミリグラム/l
S S 20ミリグラム/l
処理施設 処理方法 オキシデーションディッチ法
敷地面積 18,400平方メートル
処理能力 3,900立方メートル/日 3,900立方メートル/日 (4/4)
この記事に関するお問合せ
建設部 上下水道課 下水道工務係

〒955-0192 新潟県三条市荻堀830番地1
電話 : 0256-46-5913 (直通) ファクス : 0256-46-4940
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2019年02月20日