長期優良住宅について

長期優良住宅の普及の促進に関する法律

施行日:平成21年6月4日

日本の住宅の平均寿命は、アメリカ55年、イギリス77年に比べ、30年と短い傾向にあります。 今後は「つくって壊す」社会から「いいものをつくって、きちんと手入れして、長く大切に使う」社会への転換を図るため、この法律が制定されました。

法律の内容

 長期優良住宅の普及の促進に関する法律は、長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられた優良な住宅である「長期優良住宅」について、その建築及び維持保全に関する計画を所管行政庁が認定するものです。
 住宅や共同住宅などの認定を受ける場合は、三条市に「長期優良住宅」の認定申請を行う必要があります。

居住環境の維持及び向上への配慮に関する基準(三条市)

三条市の居住環境の維持及び向上への配慮に係る基準は、長期優良住宅建築計画の認定の申請に係る住宅が、都市計画法(昭和43年法律第100号)第4条第6項に規定する都市計画施設の区域内に建築されるものでないものとする。
ただし、当該都市計画施設の区域内において除却が不要な住宅その他の使用が長期にわたる住宅と市長が認める場合は、この限りでない。

税制上の特例措置

認定を受けた住宅については、以下の税制特例が適用されます。

認定手続きの流れについて

申請から工事完了まで

認定申請の際は、建築士などの専門家にご相談ください

1.申請の前に

事前に、登録住宅性能評価機関で長期優良住宅建築等計画に係る技術的審査を受けて、適合証をもらってください。

2.認定の申請

認定申請書の正本、副本1部ずつ用意し、設計図書と適合証を添付して建築課に提出してください。

3.工事の着工

認定の申請後、工事着工してください。

4.認定の通知

認定をした場合、認定通知書を交付します。

5.建築工事

工事中に変更があった場合は、変更認定の申請が必要です。

6.工事完了

工事が完了した際は、建築工事完了報告書を提出してください。

認定の申請と建築確認関係規定の審査を併せて申請する場合は、長期優良住宅の認定申請書と建築確認申請書の提出が必要です。

1 申請する時

申請に必要な書類は以下のとおりです。
ただし、住宅型式性能認定等を受けた住宅は、申請書類の一部を省略することができます。

申請書類
必要な書類 明示すべき内容等
認定申請書 規則第一号様式
適合証 登録住宅性能評価機関の技術的審査を受けて、機関が発行する適合証
設計内容説明書 住宅の構造及び設備が長期使用構造等であることの説明
付近見取図 方位、道路及び目標となる地物
配置図 縮尺、方位、敷地境界線、敷地内における建物の位置、申請に係る建築物と他の建築物との別及び配管に係る外部の排水ますの位置
仕様書(仕上げ表を含む) 部材の種別、寸法及び取付方法
各階平面図 縮尺、方位、間取り、居室の寸法、階段の寸法及び構造、廊下及び出入口の寸法、段差の位置及び寸法、壁の種類及び位置、通し柱の位置、筋かいの種類及び位置、開口部の位置及び構造、換気孔の位置、設備の種別、点検口及び掃除口の位置並びに配管取出口及び縦管の位置
床面積求積図 床面積の求積に必要な建築物の各部分の寸法及び算式
二面以上の立面図 縮尺並びに小屋裏換気孔の種別、寸法及び位置
断面図又は矩計図 縮尺、建築物の高さ、外壁及び屋根の構造、軒の高さ、軒及びひさしの出、小屋裏の構造、各階の天井の高さ、天井の構造、床の高さ及び構造並びに床下及び基礎の構造
基礎伏図 縮尺、構造躯体の材料の種別及び寸法並びに床下換気孔の寸法
各階床伏図 縮尺並びに構造躯体の材料の種別及び寸法
小屋伏図 縮尺並びに構造躯体の材料の種別及び寸法
各部詳細図 縮尺並びに断熱部その他の部分の材料の種別及び寸法
各種計算書 構造計算その他の計算を要する場合における当該計算の内容
その他 維持保全計画書、住宅型式性能認定書、型式住宅部分等製造者認定書など

認定手数料

長期優良住宅建築等計画の認定に関する手数料は以下のとおりです。

長期優良住宅建築等計画の認定(登録住宅性能評価機関による審査の適合を証する書類を添えた場合)

認定手数料の詳細
戸数 認定 変更
建築物の総戸数が1戸のもの 7,600円 3,800円
建築物の総戸数が1戸を超え、5戸以内のもの 16,500円 8,200円
建築物の総戸数が5戸を超え、10戸以内のもの 26,000円 13,000円
建築物の総戸数が10戸を超え、25戸以内のもの 35,400円 17,700円
建築物の総戸数が25戸を超え、50戸以内のもの 62,500円 31,200円
建築物の総戸数が50戸を超え、100戸以内のもの 104,400円 52,200円
建築物の総戸数が100戸を超え、200戸以内のもの 169,400円 84,700円
建築物の総戸数が200戸を超え、300戸以内のもの 207,300円 103,600円
建築物の総戸数が300戸を超えるもの 220,800円 110,400円

長期優良住宅建築等計画の認定(設計住宅性能評価書を添えた場合)

認定手数料の詳細
戸数 認定 変更
建築物の総戸数が1戸のもの 17,000円 8,500円
建築物の総戸数が1戸を超え、5戸以内のもの 60,500円 30,200円
建築物の総戸数が5戸を超え、10戸以内のもの 95,100円 47,500円
建築物の総戸数が10戸を超え、25戸以内のもの 176,000円 88,000円
建築物の総戸数が25戸を超え、50戸以内のもの 299,200円 149,600円
建築物の総戸数が50戸を超え、100戸以内のもの 458,600円 229,300円
建築物の総戸数が100戸を超え、200戸以内のもの 831,900円 415,900円
建築物の総戸数が200戸を超え、300戸以内のもの 1,132,900円 566,400円
建築物の総戸数が300戸を超えるもの 1,369,900円 684,900円

 

譲受人を決定した場合の認定を受けた長期優良住宅建築等計画の変更認定

1件につき 2,400円

長期優良住宅建築等計画の認定計画実施者の地位の承継の承認

1件につき 2,400円

(注意)建築確認関係規定の審査を併せて申請する場合は、長期優良住宅の認定手数料に建築確認申請手数料等を併せた金額が必要となります。

2 認定後に変更があった場合

認定を受けた後、計画の変更や取りやめなどがあった場合は、次の書類を提出してください。

3工事が完了した時

認定を受けた後、工事が完了した場合は、次の書類を提出してください。

参考

長期優良住宅の関連情報

国土交通省・新潟県ホームページは下記リンク先をクリックしてください。

この記事に関するお問合せ
建設部 建築課 審査指導係

〒955-8686 新潟県三条市旭町2-3-1
電話 : 0256-34-5727 (直通) ファクス : 0256-32-6677
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2019年07月16日