住民基本台帳ネットワーク

住民基本台帳ネットワーク(第1次サービス)

平成14年8月5日から住民基本台帳ネットワークシステムの第1次サービスが開始しました。

全国の市区町村の住民基本台帳と都道府県、指定情報処理機関(総務大臣が指定した機関)をネットワークで結び、本人確認情報(氏名、生年月日、性別、住所、住民票コード)を相互にやりとりするものです。

このシステムの稼動により、国の機関などへ本人確認情報の提供がなされ、恩給や年金などの現況証明やパスポートの申請など各種申請の際には住民票の写しの添付が不要となりました。

三条市では各世帯宛に住民票コード票を郵送しております。今後行政機関への届出や申請の際には必要となりますので、大切に保管してください。住民票コードは申し出ることにより変更することができます。また住民票コードの民間利用は禁止されています。

住民基本台帳ネットワーク(第2次サービス)

平成15年8月25日から住民基本台帳ネットワークシステムの第2次サービスが開始しました。

希望する方に住民基本台帳カードを無料で交付します。(平成18年5月から当分の間)

この住民基本台帳カードを持つことにより、さまざまなサービスが受けられます。

詳しくは こちらをクリック!

この記事に関するお問合せ
市民部 市民窓口課 市民総合窓口係

〒955-8686 新潟県三条市旭町2-3-1
電話 : 0256-34-5540 (直通) ファクス : 0256-31-1105
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2019年02月20日