未熟児養育医療給付

未熟児で、医師が入院療養の必要を認めた場合に、指定養育医療機関に入院療養をした医療費の一部を助成します。

平成28年1月から養育医療給付制度の手続きにおいて、申請者、対象児童及び同居親族の個人番号(マイナンバー)の記入が必要です。詳しくは下段をご覧ください。

個人番号(マイナンバー)について

平成28年1月から個人番号(マイナンバー)制度開始に伴い、次の手続きをする場合は、申請者、対象児童及び同居親族の個人番号の記入が必要です。

手続き

  • 養育医療給付申請

また、申請書の個人番号確認のため、次の書類をご用意ください。

個人番号が確認できる書類

  • 個人番号カード
  • 通知カード
  • 個人番号が記載された住民票など

本人確認書類

  • 個人番号カード、運転免許証、パスポートなど写真付きのものであれば1点
  • 通知カード、健康保険証、年金手帳など写真付きでないものは2点

助成内容

出生時体重が2,000グラム以下であるか、または2,000グラム以上であっても医師の診断によって
一定の症状を有する乳児に対し、入院養育を必要と認めた場合に必要な医療費を市が負担する制度です。

対象者

出生体重が2,000グラム以下、または身体の発育が未熟なまま出生した1歳未満の乳児で、指定医療機関の医師が入院養育を必要と認めた方。

助成対象の医療費

保険診療分の医療費(入院費)と食事療養費

申請(届出)

お持ちいただくもの

  • 養育医療意見書(指定されている様式に主治医が記載したもの)
  • 子どもの保険証の写し
  • 印鑑
  • 所得税額等を証明する書類(世帯における扶養義務者全員のもの)

(注意)所得税等を証明する書類は次の区分により変わってきますのでご確認ください。

確定申告をしていない方

確定申告をしていない方
区分 提出する書類
給与収入のみ

給与所得の源泉徴収票

  • 扶養義務者全員の所得税額が0円の場合は、課税証明書又は非課税証明書の提出も必要になります
  • 申請時点で最新の証明書類を提出してください。
年金収入のみ

公的年金等の源泉徴収票

  • 扶養義務者全員の所得税額が0円の場合は、課税証明書又は非課税証明書の提出も必要になります
  • 申請時点で最新の証明書類を提出してください。

確定申告をした方

確定申告をした方
区分 提出する書類

給与収入+それ以外の収入

(農業収入等)

確定申告書の控え

  • 扶養義務者全員の所得税額が0円の場合は、課税証明書又は非課税証明書の提出も必要になります。
  • 申請時点で最新の証明書類を提出してください。

給与収入以外

(自営業、農業等)

確定申告書の控え

  • 扶養義務者全員の所得税額が0円の場合は、課税証明書又は非課税証明書の提出も必要になります。
  • 申請時点で最新の証明書類を提出してください。

年金収入+それ以外の収入

(農業収入等)等

確定申告書の控え

  • 扶養義務者全員の所得税額が0円の場合は、課税証明書又は非課税証明書の提出も必要になります。
  • 申請時点で最新の証明書類を提出してください。

生活保護を受けている世帯の方

生活保護を受けている世帯の方
区分 提出する書類
生活保護を受けている世帯の方

生活保護受給世帯の証明書

  1. 扶養義務者全員の所得税額が0円の場合は、課税証明書又は非課税証明書の提出も必要になります。
  2. 申請時点で最新の証明書類を提出してください。

申請場所・受付時間

主治医から「養育医療意見書」をもらい次第、速やかに以下窓口で申請手続きをしてください。

申請場所

  • 市民窓口課市民総合窓口
  • 栄サービスセンター総合窓口グループ
  • 下田サービスセンター総合窓口グループ

受付時間

午前8時30分から午後5時30分まで

(注意)市民窓口課市民総合窓口のみ火曜日は午後7時まで

こんなときは届出を

医療券の記載事項に変更があったとき
(住所変更、保護者変更等)

あらまし

この記事に関するお問合せ
教育委員会事務局 子育て支援課 子育て支援係

〒959-1192 新潟県三条市新堀1311
電話 : 0256-45-1113 (直通) ファクス : 0256-45-1130
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2019年05月16日