認知症サポーターキャラバン

三条市では、認知症を理解し、認知症の人や家族を見守る「認知症サポーター」を一人でも増やし、安心して暮らせるまちづくりを進めています。

認知症サポーターとは

ロバ隊長の画像

何か特別なことをする人ではありません。認知症を正しく理解し、偏見を持たず、認知症の人や家族を温かく見守る応援者として、自分のできる範囲で活動します。 例えば、友人や家族に学んだ知識を伝えること、認知症の人やその家族の気持ちを理解しようと努めることもサポーターの活動です。

認知症サポーター養成講座

認知症サポーター養成講座を受講するとサポーターになれます。受講後は、「認知症の人を支援します」という意思を示す目印『オレンジリング』をお渡しします。

三条市主催認知症サポーター養成講座

毎年、どなたでも参加できる三条市主催の認知症サポーター養成講座を開催しています。

次回の開催は、令和2年1月を予定しています。詳しい日程が決まり次第、お知らせします。

「認知症サポーター養成講座」出前講座

 

認知症サポーター養成講座の出前講座

対象

市内にお住まいまたは通勤、通学する原則として10人以上の団体・グループ

※政治・宗教または営利目的の会合などではご利用できません。

講師謝礼

無料。ただし、会場使用料等は利用者が負担してください。

時間

60分〜90分 講座開催時間は、午前9時〜午後9時(年末年始を除く)です。

会場

申込みをする人(団体)がご用意ください。なお、会場準備や会の進行もお願いします。

※テレビのある会場をご用意ください。

申込み

講座開催希望日の40日前までに、申込書に必要事項を記入し、高齢介護課地域包括ケア推進室(0256-34-5457)までお申し込みください。希望された日時などを調整の上、講師(キャラバン・メイト)を派遣します。

認知症サポーター向けフォローアップ講座・ステップアップ講座

「更に認知症の知識を深めたい!」、「ボランティア活動などに生かしたい!」という認知症サポーター向けにフォローアップ講座やステップアップ講座を開催します。

関連リンク

この記事に関するお問合せ
福祉保健部 高齢介護課

〒955-8686 新潟県三条市旭町2-3-1
電話 : 0256-34-5472 (直通) ファクス : 0256-32-0028


メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2019年09月10日