夏季イベントの開催における熱中症対策について

夏季のイベントを開催するに当たっては、責任者を決めた上で、熱中症の発生に備えた「発生を防ぐ対応」と「発生後の対応」の2種類の対応が必要です。熱中症による生命の危機から身を守るためには、暑さ指数を活用しながら、早めに思い切った対策を取る必要があります。

熱中症の発生を防ぐ対応

三条市が開催、共催する夏季のイベントの開催においては、次のとおり熱中症対策を行います。(イベント例:夏祭り、スポーツ大会など)

市内の団体が行うイベントについても、この取扱いについて御配慮をお願いします。

暑さ指数の活用

「予測値が31℃以上に達している場合」

イベント開催時間帯に暑さ指数の予測値が31℃以上となる時間帯がある場合には、開催時間の変更や短縮など、その時間帯を避けて運営することを検討する。

開催時間の変更や短縮などの対応をした場合でも、暑さ指数の実況値を確認しつつ運営し、実況値が31℃以上となった場合には、やむを得ない状況を除き、速やかに一時中断や中止とする。

「予測値が31℃以上に達していない場合」

予測値が31℃以上とならない場合でも、実況値を確認しつつ運営し、実況値が31℃以上となった場合には、やむを得ない状況を除き、速やかに一時中断や中止とする。

なお、あらかじめ参加者等に対し、一時中断や中止の場合があることを周知した上で実施する。

イベント開催時の対策

  • すぐに利用できる休憩所の確保
  • いつでも飲める冷たい飲み物の確保
  • 休憩所やエリアの分かりやすい表示やアナウンスの実施
  • 屋外の会場におけるテントなどを利用した日陰エリアの提供
  • 体調不良者に対応できるスタッフの配置と役割分担の明確化
  • 救護所の設置
  • スタッフへの応急処置方法の周知

暑さ指数とは

人体と外気の熱のやりとり(熱収支)に着目した指標で、人体の熱収支に与える影響の大きい(1)湿度、(2)日射・輻射(ふくしゃ)などの周辺の熱環境、(3)気温の3つを取り入れた指標です。

環境省では、予測値を今日、明日、明後日の3日間の状況を1時間ごとに更新し、また、実況値については、当日の実際の状況を公表しています。

「暑さ指数の確認方法」

暑さ指数の予測値及び実況値については、環境省の「熱中症予防情報サイト」の地点を「北陸−新潟−三条」に選択して確認してください。

QRコード

熱中症の発生後の対応

熱中症の症状と重症度

熱中症の応急処置の方法

この記事に関するお問合せ
福祉保健部 健康づくり課 保健指導係

〒955-8686 新潟県三条市旭町2-3-1
電話 : 0256-34-5445 (直通) ファクス : 0256-34-5572
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2019年05月21日