31 嵐南流通工業団地の広大な荒地の活用について

御意見

市道と鱈田川に囲まれた一等地にあります。

三条市所有で市が管理していると推察し便りします。外周は、フェンスで囲まれ公衆電話、バックネット、ベンチなど数々。

荒地の一角には、「石碑」あり。これには、後藤藤三郎記念碑で、三条町三之町出身の三条工業の振興に多大な功績を残した人物であったことが伺われます。

是非、市有地を団地及び周辺企業従業員等の福利施設として活用いただきたい。例えば通年利用できる体育館(ステージ、バトミントン、卓球、シャワー等完備)、屋外グランド(テニス、ミニサッカー場等)その他駐車場など。

記念碑は現在地に残す。

数年内に実現ください。

回答

御指摘の箇所につきましては、金子新田工業団地内のグラウンドであり、工業団地及び周辺企業の方々から福利厚生等を目的に、健康増進や憩いの場などとして御利用いただけるように整備及び管理を行っているものです。

今後につきましては、利用される立地企業等の方々から希望があれば、当グラウンドの在り方について、費用対効果を見据えた中で検討を行っていきます。

 

この記事に関するお問合せ
総務部 政策推進課 広報広聴係

〒955-8686 新潟県三条市旭町2-3-1
電話 : 0256-34-5523 (直通) ファクス : 0256-34-7933
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2020年05月08日