31 燕三条駅について

御意見

私は、三条市燕三条にある旧サティと現イオンなどに訪れる際や、2年前の2018年に初めて、金属の街のオフィシャルショップにて買い物などしたことありますが、何回も燕三条に私一人や家族などで訪れたことがあります。その際には高速バスですと、「三条、燕」バス停とJR上越新幹線は通りますが、JR弥彦線燕三条駅が最寄り駅です。しかし、上越新幹線の駅であり相互乗り換えであるにも関わらず、平成の間に燕三条駅は在来線のみは無人駅になっています。

私はできましたら、弥彦線燕三条駅の構内やホーム設備、バリアフリーなどいくつか改善すべきかと思いますので、現在の弥彦線燕三条駅をリニューアルする必要があると思います。

現在の燕三条駅の現状

  • 今までは有人駅だったが、いつの間にか無人駅であること
  • 同駅は長年、駅の出入口⇔駅構内側と新幹線ホーム⇔改札口をそれぞれ結ぶエレベーターがあるのに、弥彦線に通じる無人改札口と、ホーム側はスロープとして通じてるが在来線ホームは階段のみで、エレベーターの設置はない。つまりバリアフリーではない。
    これでは、列車が変わってリニューアルしても、同線ホーム側と改札口側はバリアフリーな駅じゃないと意味がない。
  • 在来線側は、有人駅と同じように自動改札機が設置していない。
  • ワンマン運転に対応しているが、長年単線扱いになっている。
  • 昭和時代の同駅の同在来線ホームについては分からないが、平成から令和現在長年ホームの改築整備などはしていないからか三条市、新潟県、国そしてJR東日本などと連携しておらず、今のままになっている。
  • 同線同駅を利用する方をはじめ、観光客やお年寄りや車椅子や体の不自由な方、老若男女や健常者や障がい者問わず、多くの方が利用しやすい同駅を目指して、人にも環境などに優しいそして有人改札口、設備⇔同線ホームなどに通じるリニューアルをして欲しいです。

意見 

  • 無人駅ではなく、有人駅にして欲しい。
  • 在来線側にはタッチパネル式の自動改札機と自動改札機(きっぷ挿入とSuicaなどタッチできる)をそれぞれ設置して欲しい。
  • 同駅の改札口⇔在来線ホームは、バリアフリーにしてエレベーターを設置して欲しい。
  • 同駅のホームは弥彦側・東三条側1つしかないが、スペースに余裕があるところにもう1ヶ所ホームを増やして欲しい。
  • これは気づかなかったが、同駅の構内に待合室はあるが同在来線ホームにも待合室を設置して春夏秋冬問わず快適な待合室にして欲しい。そして、多くの方が使いやすい待合室にして欲しい。
  • 同駅周辺はイオンや映画館、ホテルそして金属加工の街など老若男女と観光客問わず、色んな方が楽しめる施設がいくつかあるが、観光客を呼び込むために同駅ももう少し駅員として社員さんやパートさんなどを増やして、いつまでも地域の足として保ち続けて欲しい。
  • 同駅をもっと快適に使いやすい駅にすることで、燕三条駅を三条市にある弥彦線の公共交通維持や地球環境保護のために良くなるのではないかと思う。

ここで質問ですが、国定市長は東京出身で三条市職員や各課長の代表→三条市長になるために、もう15年以上三条市の政策や市民の方が住みやすいまちづくりなどに尽力を尽くすとしまして、公務を行ってきたと思いますが現在の燕三条駅についてどう思いますでしょうか?

関係の皆さまと検討及び協議をしてくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

ただし、本来ならばJR東日本が重い腰をあげないといけないのですが、三条市側からもJR側から依頼がありましたら、補助金や駅の整備費を含みますが建設費の補助や支援金などを出すのも良いかと思います。

また、三条市とJR側が難しいのであれば、新潟県や国などからも同じような方法を実施してくださいますようお願いいたします。

今後とも新しく生まれ変わって欲しい弥彦線燕三条駅にて、少しでも色んな方が利用しやすい駅といつまでも地域の足として多くの方が利用してくださると良いです。

回答

燕三条駅に係る自動改札機の設置や駅員の増員等の要望につきましては、東日本旅客鉄道株式会社の管轄になりますので、同社新潟支社へ要望をお伝えいたします。

また、燕三条駅につきましては、過去5年間の乗降者数を見ましても毎年増加するなど燕三条地域の玄関口としての機能を発揮しており、今後も同駅を中心としたエリアの活性化に伴い、益々その拠点性が高まっていくものと考えております。

この記事に関するお問合せ
総務部 政策推進課 広報広聴係

〒955-8686 新潟県三条市旭町2-3-1
電話 : 0256-34-5523 (直通) ファクス : 0256-34-7933
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2020年05月08日