新型コロナワクチンについてのQ&A

このページの内容は随時更新します。

更新日:2021年06月11日

1 新型コロナワクチンについて

接種するワクチンは選べますか。

現在は、ファイザー社のワクチンのみ供給されているため、ファイザー社製のみです。

何回接種が必要ですか。

現在供給されているファイザー社製ワクチンは2回接種が必要です。

接種したら、もうマスク着用などの予防対策はしなくてもいいですか。

接種後、十分な免疫ができるのは、2回目の接種から7日たってからとされています。接種後も引き続き、手洗いやマスク着用、いわゆる3密を避けるといった感染防止が必要です。

ワクチンは、新型コロナウイルスの変異株にも効果はありますか。

ファイザー社製のワクチンは、変異株にも作用する抗体がつくられたという実験結果が発表されており、効果があると思われます。

接種にリスクはありますか。

頭痛、関節や筋肉の痛み、注射した部分の痛み、疲労、寒気、発熱などの副反応がみられることがありますがあります。こうした症状の大部分は接種後数日以内に回復しています。また、まれにアナフィラキシーが起きることがあります。接種後、接種会場でしばらく経過を見て、万一起きたときには医療従事者がすぐに治療します。

重篤な副作用と言われているアナフィラキシーとはどのようなものですか。

接種後、短時間で起きることのあるアレルギー反応です。じんま疹などの皮膚症状、腹痛や嘔吐などの消化器症状、息苦しさなどの呼吸器症状が起こります。血圧が下がって呼び掛けに反応しなくなり、脱力する状態がアナフィラキシーショックです。
他のワクチンの接種でも発生し、インフルエンザワクチン接種では1シーズン約20件の発生が報告がされています。
なお、新型コロナワクチンの接種会場では万一発生しても対応できるように備えて、接種後、しばらく経過観察をします。そこで、息苦しさなどの呼吸器症状があればアドレナリン(エピネフリン)薬を注射し、気管支拡張薬などの吸入や抗ヒスタミン薬、ステロイド薬の点滴や内服なども行います。

 

2 接種の対象者について

 

接種を受けるのに注意が必要な人はどのような人ですか。

次の人です。当てはまる方は、事前にかかりつけ医に相談ください。
・過去に免疫不全の診断を受けた人、近親者に先天性免疫不全症の方がいる方
・心臓、腎臓、肝臓、血液疾患や発育障害などの基礎疾患のある方
・過去に予防接種を受けて、接種後2日以内に発熱や全身性の発疹などのアレルギーが疑われる症状がでた方
・過去にけいれんを起こしたことがある方
ワクチンの成分(厚生労働省HP)に対して、アレルギーが起こるおそれがある方
・抗凝固療法を受けている人、血小板減少症または凝固障害のある方(接種後の出血に注意が必要とされています。)

接種を受けられない人はどのような人ですか。

次の人です。当てはまる方は、事前にかかりつけ医に相談ください。

  • 重い急性疾患にかかっている方
  • ワクチンの成分(厚生労働省HP)に対し、アナフィラキシーなど重度の過敏症(※)の既往歴のある方 など

(※)アナフィラキシーや、全身性の皮膚・粘膜症状、喘鳴、呼吸困難、頻脈、血圧低下等、アナフィラキシーを疑わせる複数の症状

上記のほか、37.5°C以上の熱がある方は接種を受けられません。

基礎疾患がありますが、期間中に申告できませんでした。どうしたらいいですか。

コールセンター0256-33-8780に電話ください。接種クーポン券などをお送りします。

接種が優先される基礎疾患のある人はどういう人ですか。

1. 次の病気や状態の方で、通院や入院している方です。当てはまる人は、接種を受けてよいかを事前にかかりつけ医に相談ください。

  • 慢性の呼吸器の病気
  • 慢性の心臓病(高血圧を含みます。)
  • 慢性の腎臓病
  • 慢性の肝臓病(肝硬変など)
  • インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病または他の病気を併発している糖尿病
  • 血液の病気(鉄欠乏性貧血を除きます。)
  • 免疫の機能が低下する病気(治療や緩和ケアを受けている悪性腫瘍を含みます。)
  • ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
  • 免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
  • 神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害など)
  • 染色体異常
  • 重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持している、又は自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持している場合)

2. 基準(BMI30 以上)を満たす肥満の方

  • 体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)で30を超える方を指します。

基礎疾患のある人に当てはまることを証明する診断書は必要ですか。

必要ありません。ただ、かかりつけ医に接種を受けてよいかを、事前に確認してください。

持病があり、薬を飲んでいる人は接種を受けられますか。

薬を飲んでいる人も接種できます。ただ、免疫不全のある方、病状が重い方など、接種を慎重に検討した方がよいことがありますので、不安な方はかかりつけ医に相談ください。
また、抗凝固薬(いわゆる「血をサラサラにする薬」の一部)を飲んでいる方は、接種した後、2分以上しっかりと押さえてください。

最近手術をしましたが、接種を受けられますか。

受けた手術の内容により異なりますので、主治医に相談ください。

アレルギーがありますが、接種を受けられますか。

ワクチンの成分(厚生労働省HP)を確認いただき、入っている成分にアレルギーのある方は接種を避けてください。不安な方はかかりつけ医に相談ください。

妊娠中や授乳中の人は接種を受けられますか。

接種できます。ただ、安全性についてのデータが限られているため、接種のメリットとデメリットをよく考えて判断ください。なお、日本産婦人科感染症学会・産婦人科学会は、「重症化リスクがある可能性がある肥満や糖尿病など基礎疾患を合併している方は、ワクチン接種を考慮する」と言っています。また、授乳中の人は、現時点で特段の懸念が認められておらず、海外でも接種の対象とされています。接種するか悩んでいる方は主治医に相談ください。

新型コロナウイルスに感染したことのある人は、接種を受けられますか。

接種を受けることができます。ただし、受けた治療の内容によっては、治療後から接種まで一定の期間をおく必要があることがありますので、主治医に相談ください。

接種の対象となる16歳以上とは、いつ時点ですか。

令和4年3月31日時点での満年齢に基づきます。接種できるようになるのは誕生日の前日からです。ただし、令和3年度中に16歳になる方の基準は現在国において検討中とのことです。分かり次第お伝えします。

住民票は他市にありますが、三条市内で接種を受けられますか。

市内にかかりつけ医がある方、出産のための里帰りしている妊産婦、単身赴任者、遠隔地へ下宿している学生などやむを得ない理由がある人は、三条市内で接種できます。三条市役所に住所地外接種届を提出していただく必要があります。

市内にかかりつけ医がある方は、まず、三条市内の個別接種の医療機関一覧で、かかりつけ医が接種を行うか確認し、コールセンター0256-33-8780に電話をして予約ください。

かかりつけ医がある方以外の方は、コールセンター0256-33-8780に電話をして予約ください。三条市役所に住所地外接種届を提出していただく必要があります。

また、これまでお住いの市町村の接種クーポン券を持っていて、これから住民票を三条市に移動して三条市内で接種を受けたい方は、三条市に異動届を提出するときに市の窓口でお伝えください。後日、接種クーポン券を送付します。

外国人は接種を受けられますか。

原則、住民票がある方が対象です。住民票がないけど居住しているという方はコールセンター0256-33-8780に相談ください。

 

3 予約・接種クーポン券について

接種について市から届くお知らせはどのようなものですか。

次のものです。

  • 接種クーポン券(2回分入っています。)
  • 接種の流れ
  • 集団接種の日時場所と個別接種ができる医療機関等の一覧
  • 1回目接種の予診票
  • 接種の注意事項

2回接種が必要ということは、接種券も2枚届きますか。

1枚の台紙に2回分の接種クーポン券がついています。接種会場へは、切り離さずにお持ちください。また、シール形式になっていますので、はがさないで保管してください。

医療機関で接種を受けたいのですが、どこに予約したらいいですか。

集団接種と同様にコールセンター、自動音声ガイダンス、インターネットで受け付けします。医療機関では受け付けしません。なお、コールセンターは電話0256-33-8780です。

他市町村のかかりつけ医で接種を受けられますか。

かかりつけ医が他市町村にある人は、かかりつけ医で接種を受けられます。
かかりつけ医が個別接種を行うのか確認し、そのかかりつけ医のある市町村の指定する予約方法で予約ください。

市外の方が三条市内のかかりつけ医で接種される場合は、三条市の個別接種一覧を確認いただき、接種する医療機関であれば接種を受けられます。予約はコールセンター0256-33-8780での電話予約のみの受付けになります。

1回目と2回目の接種場所を変えてもいいですか。

2回の接種を確実かつ円滑に行うため、1回目と2回目の接種会場を同会場でセットで受け付けています。

家族分の予約はできますか。

できます。予約するときに、家族の接種クーポン券に書いてある接種券番号と生年月日を御用意ください。

接種の予約は変更できますか。

できます。インターネットから予約した方は、インターネットで変更できます。コールセンター電話0256-33-8780に電話でもできます。

予約なしで接種できませんか。

ワクチンの個数管理が必要のため、予約制にしています。

2回目の接種の予約はいつしたらいいですか。

・コールセンターに電話で予約するとき
1回目と2回目の接種の予約を同時に受け付けます。
集団接種は、1回目とセットになっている2回目の接種日に、1回目と同じ時間帯で接種を受けていただきます。
個別接種は、1回目の3週間後の同じ曜日の日に、1回目と同じ時間帯で2回目の接種を受けていただきます。

・インターネット・自動音声ガイダンスで予約するとき
1回目のみ予約ください。1回目の3週間後の同じ曜日の日の同じ時間帯に2回目の予約が自動で入ります。1回目の接種時に念のため2回目の日程をお知らせします。

いずれの場合も会場は1回目と2回目とも同じ会場になります。

他の人には接種クーポン券などが届いているのに私にはまだ届いていません。どうしたらいいですか。

コールセンター電話0256-33-8780に電話ください。

接種クーポン券を無くしました。どうしたらいいですか。

再発行します。コールセンター電話0256-33-8780に電話ください。

 

4 接種について

接種は無料ですか。

無料です。

接種当日に注意することは何ですか。

自宅で検温してください。体温が37.5度以上の方は接種できません。
接種は左肩にします。肩を出しやすい服装にしてください。

接種のときの持ち物はありますか。

次のものをお持ちください。

  • マスク
  • 接種クーポン券(2回分届きますが、切り離さないでお持ちください。)
  • 予診票(記入してお持ちください。)
  • 予約確認書(接種の約1週間前に届きます。)
  • 本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)
  • 薬を飲んでいる人はおくすり手帳

1回目の接種から3週間後に2回目の接種ができません。大丈夫でしょうか。

1回目の接種からから3週間後に2回目を受けることになっています。1回目を受けてから3週間を大きく超えて時間が経ったときの効果は確認されていません。できるだけ早く2回目の接種を受けてください。

新型コロナワクチンの接種の前後に、インフルエンザワクチンなどの接種を受けられますか。

前後13日以上空ければ大丈夫です。2週間後の同じ曜日以降に接種ください。

接種を受けなくてもいいですか。

あくまで御本人の意思に基づいて受けていただくもので、希望しない方は無理に接種を受ける必要はありません。

もし会社から接種を強制されたら断ってもいいですか。

接種は御本人の意思で判断するもので、接種を望まない人に強制はできません。会社で求められても断ることができます。

接種はいつまで行いますか。

現在の国の予定では、令和4年2月末までに接種を行うこととなっています。

令和4年2月末以降は接種を受けられないのですか。

現時点で国の方針は出ておりません。

介護施設に入所している方の接種はどうなりますか。

6月1日から高齢者施設等での施設接種を実施しています。実施の施設は、こちらで確認ください。
なお、具体の日時等がお知りになりたい方は各施設に確認ください。

デイサービスの利用時に接種を受けられますか。

6月1日から高齢者施設等での施設接種を実施しています。実施の施設は、こちらで確認ください。
実施の日時等は、各施設に確認ください。
なお、利用されている施設で接種を実施しない場合は、かかりつけ医での個別接種か集団接種を受けることができます。

三条市外の住民で、市内の介護老人保健施設に入所していますが、接種を受けられますか。

三条市外の方で、市内の介護施設に入所している方も接種対象となります。

グループホームで生活している方は、施設での訪問接種を受けられますか。

6月1日から高齢者施設等での施設接種を実施しています。実施の施設は、こちらで確認ください。
具体の日時等は、入居されている施設に御確認ください。
なお、入居されているグループホームで接種を実施しない場合は、かかりつけ医での個別接種か集団接種で受けることができます。

在宅医療の方や身体が不自由な方が接種を受けるときはどうしたらいいですか。

訪問接種の対象者のうち医師が往診して接種を実施する方については、医師から連絡しておりますが、それ以外の方については、まずは主治医に御相談ください。

個別接種はかかりつけ医以外の医療機関でできますか。

個別接種を行う31医療機関のうち、次の医療機関以外はかかりつけ医でなくても接種できます。

  • 阿部内科・消化器科医院(ワクチン接種歴がある方のみ)
  • 石黒内科(かかりつけ患者・ワクチン接種歴がある方のみ)
  • 茅原クリニック(受診歴がある妊婦・授乳中・かかりつけの女性))
  • 内科消化器科わたなべ医院(通院患者とかかりつけ患者のみ)

 

5 接種会場について

接種にかかる時間はどのくらいですか。

接種と健康観察含めて約40分です。アナフィラキシーを起こしたことがある方などは健康観察の時間を長くとるため、1時間程かかることがあります。

接種場所に車イス、障がい者用トイレはありますか。また、車イスでの移動はできますか。

全ての集団接種の会場には車イス、障がい者用トイレ、スロープがあり、車イスでの移動ができます。

接種会場に子どもを連れて行ってもいいですか。

接種会場は密にならないように細心の注意を払い、感染対策を徹底して実施しています。そのため、接種を受ける方と、その人を補助する方以外の来場は御遠慮いただいております。

接種のとき、障がい者や外国人はサポートを受けられますか。

聴覚障がいがある方には筆談や手話通訳タブレットによる対応、視覚障がいがある方へは書類の読み上げなどを支援します。
外国人には、中国語と英語を話せる国際交流員の職員の派遣と多言語翻訳タブレットを利用して支援します。

 

6 接種の後について

接種の後にしてはいけないことはありますか。

激しい運動や過度の飲酒はしないでください。

接種後、熱が出ました。どうすればいいですか。

接種後、1、2日以内に発熱することあります。必要なときは解熱鎮痛剤を服用して、様子をみてください。
なお、発熱以外に、咳や咽頭痛、味覚・嗅覚の消失、息切れ等の症状があるときは、新型コロナウイルスに感染している可能性があります。接種後、発熱が2日以上続くときや、症状が重いときは医療機関に相談ください。また、新型コロナウイルス感染症の症状がみられるときは、直接医療機関に行かず、医療機関に電話するか、三条保健所0256-36-2362、新潟県新型コロナ受診・相談センター窓口025-256-8275に電話ください。

接種後、体がだるいです。どうすればいいですか。

接種後に注射した部分の痛み、疲労、頭痛、筋肉や関節の痛み、寒気、下痢、発熱等がみられることがあります。こうした症状の大部分は、接種後数日以内に回復しています。
特に発熱は接種後1~2日以内に起こることが多いです。2日以上熱が続いたり、症状が重い場合は、かかりつけの医療機関やお近くの医療機関へ受診していただくか、新潟県新型コロナワクチン医療健康相談センター(毎日午前8時30分~午後6時)電話025-385-7762に相談ください。

接種後、体調が悪いので病院に行きたいのですが、どの医療機関に行けばよいですか。

医療機関で接種を受けた場合はその医療機関に、またはかかりつけ医などの身近な医療機関に相談ください。

接種後の副反応で仕事や生活に支障があります。補償はありますか。

接種で健康被害が生じた疾病等が新型コロナウイルスワクチンの接種を受けたことによるものであると厚生労働大臣が認めた場合には、予防接種法に基づく予防接種健康被害救済制度により、医療費・医療手当、障害児養育年金、障害年金などの補償が受けられます。必要な方はコールセンター(電話0256-33-8780)に相談ください。
なお、接種で起こる軽度な副反応は、認定の対象となりません。詳しくはこちら(厚生労働省HP)を覧ください。

 

7 その他

市の職員を名乗り、優先接種に該当するので個人情報を確認したいと電話がありました。伝えても大丈夫ですか。

ワクチン接種のために必要と言って、個人情報や金銭をだましとろうとする電話があったと消費生活センターに寄せられています。
三条市では、接種のために金銭や個人情報を電話で求めることはありません。
困ったときは一人で悩まず、消費者ホットライン188(電話で188をうつとつながります。)に相談ください。

 

更新日:2021年06月11日