訪問購入のトラブルを防ぐには

訪問購入

【事例】

      業者から靴などの不用品を買い取るという電話がありました。

      貴金属類を強引に買い取るトラブルもあると聞きます。

      業者が訪問してきた際、どのような点に注意したらいい

   ですか。

【アドバイス】

     自宅を購入業者が訪問し、物品を買い取ることを訪問購入と言い、

  以下のようなことが禁止されています。

    [1]消費者から要請がないのに、突然訪問すること。

  [2]事業者名や買い取る物品の種類を明示しないこと。 

  [3]消費者が断ったのに、居座ること。 

  [4]契約書面を交付しないこと。

     このようなルールを守らない業者は悪質です。

     注意してください。

【一口メモ】

      訪問購入には、クーリング・オフ制度があります。

      契約書面を受け取った日を1日目として8日間は、購入業者に書面で

   申入れすることによって、無条件で契約を解除することができます。

      契約書面を受け取ったら大切に保管しておきましょう。

この記事に関するお問合せ
市民部 市民窓口課 市民なんでも相談室

〒955-8686 新潟県三条市旭町2-3-1
電話 : 0256-34-5553 (直通) ファクス : 0256-34-5677
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2019年02月20日