新型コロナウイルス感染防止グッズ開発 官民合同プロジェクト

新型コロナウイルス感染症拡大を受けて、三条市では市内企業の協力を得ながら官民合同で感染防止グッズの開発し、展開する官民合同プロジェクトを始動します。

1 概要

三条市のアイデンティティであるものづくりの強みを生かし、製造業を中心とする市内企業の協力を得て、フェイスシールドや事務室内のアクリル製仕切板を開発・製造し、市役所内の窓口や医療機関などに展開します。また、さらなる防止グッズの拡大を目指し、より多くの市内企業の御提案や御協力を募ります。

2 現段階でのグッズ提案


(1) フェイスシールド(パール金属株式会社)
透明なラミネートフィルムと3Dプリントを利用したフェイスシールドの提案が同社ホームページにて公開されています。
(2) アクリル板を使った仕切板(株式会社ハイサーブウエノ)
事務室や窓口の仕切りに使えるアクリル製の板の開発・製造の提案を市内企業から受けています。

3 今後の展開


上記のグッズを三条市が購入し、市役所内の窓口や医療機関などに配布、利用していただくことを予定しております。
また、さらなるグッズの展開を目指して、新たな御提案や開発・製造に御協力いただける市内企業を募集します。

この記事に関するお問合せ
経済部 商工課

〒955-8686 新潟県三条市旭町2-3-1
電話 : 0256-34-5610 (直通) ファクス : 0256-36-5111
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2020年05月03日