○三条市GAP認証取得支援事業補助金交付要綱

平成31年4月1日

告示第10号

(趣旨)

第1条 この要綱は、農産物の生産体制の改善を図ることにより、価格決定力を確保し、持続可能な農業経営を推進するため、GAP認証の取得に取り組む農業者に対し、予算の範囲内において三条市GAP認証取得支援事業補助金(以下「補助金」という。)を交付することに関し、三条市補助金等交付規則(平成17年三条市規則第41号。以下「規則」という。)に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この要綱において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) GAP 農産物の品目ごとに、食品安全、環境保全、労働安全等の持続可能性を確保するための生産工程管理の取組をいう。

(2) GAP認証 第三者機関の審査により、GAPが正しく実施されていることが確認されたことの証明のうち、国際水準に適合するものであって、市長が指定するものをいう。

(補助対象者)

第3条 補助金の交付の対象となる者(以下「補助対象者」という。)は、GAP認証の取得に取り組み、そのために登録認証機関の審査を受ける農業者であって、次に掲げる要件の全てに該当するものとする。

(1) 市内に住所又は事業所を有する者

(2) 納期限の到来した市税を完納している者

2 前項の規定にかかわらず、当該GAP認証の取得について同一年度において市その他の地方公共団体、国又は公益法人等の他の制度の補助金等の交付を受ける者は、対象者としない。

(補助対象経費)

第4条 補助金の交付の対象となる経費(以下「補助対象経費」という。)は、GAP認証の取得に要する経費とする。

(補助金の額)

第5条 補助金の額は、補助対象経費の額とし、上限は25万円とする。

(交付申請等)

第6条 補助金の交付を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、三条市GAP認証取得支援事業補助金交付申請書兼実績報告書(様式第1号)に、市長が必要と認める書類を添えて、市長に提出しなければならない。

(交付決定等)

第7条 市長は、前条の申請書の提出があったときは、その内容を審査し、補助金を交付することを適当と認めたときは、三条市GAP認証取得支援事業補助金交付決定通知書兼確定通知書(様式第2号)により申請者に通知するものとする。

(その他)

第8条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この要綱は、告示の日から施行する。

附 則(令和2年4月告示第67号)

この要綱は、告示の日から施行する。

附 則(令和3年4月告示第468号)

(施行期日)

1 この要綱は、告示の日から施行する。

(経過措置)

2 この要綱による改正前の様式により使用されている書類は、改正後の様式によるものとみなす。

画像画像

画像

三条市GAP認証取得支援事業補助金交付要綱

平成31年4月1日 告示第10号

(令和3年4月1日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第2章 林/第2節
沿革情報
平成31年4月1日 告示第10号
令和2年4月1日 告示第67号
令和3年4月1日 告示第468号