○三条市浄化槽清掃業の許可手続に関する条例

平成17年5月1日

条例第119号

(趣旨)

第1条 この条例は、浄化槽法(昭和58年法律第43号。以下「法」という。)に定めるもののほか、浄化槽清掃業の許可手続に関し必要な事項を定めるものとする。

(浄化槽清掃業の許可申請)

第2条 法第35条第1項の許可を受けようとする者は、規則で定める様式による申請書及び環境省関係浄化槽法施行規則(昭和59年厚生省令第17号)第10条第2項の規定による添付書類を市長に提出しなければならない。

(許可証の交付)

第3条 市長は、前条に規定する申請者に対し許可をしたときは、その者に規則で定める様式による許可証を交付する。

(許可証の再交付)

第4条 前条の規定による許可証を交付された者は、当該許可証を紛失し、又はき損したときは、直ちに市長に届け出て許可証の再交付を受けなければならない。

(許可申請手数料等)

第5条 次の各号に掲げる者は、当該各号に定める手数料を納入しなければならない。

(1) 第2条の規定により浄化槽清掃業の許可を受けようとする者 3,000円

(2) 前条の規定により許可証の再交付を受けようとする者 2,000円

(委任)

第6条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年5月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の三条市浄化槽清掃業の許可手続に関する条例(昭和60年三条市条例第15号)、栄町浄化槽清掃業の許可手続に関する条例(昭和60年栄町条例第18号)又は下田村浄化槽清掃業の許可手続に関する条例(昭和60年下田村条例第21号)(以下これらを「合併前の条例」という。)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの条例の相当規定によりなされた処分、手続その他の行為とみなす。

3 この条例の施行の日の前日までに、合併前の条例の規定により徴収し、又は徴収すべきであった浄化槽清掃業の許可申請手数料又は許可証再交付手数料については、なお合併前の条例の例による。

三条市浄化槽清掃業の許可手続に関する条例

平成17年5月1日 条例第119号

(平成17年5月1日施行)

体系情報
第8編 市民生活/第3章 保健・衛生/第2節 環境衛生
沿革情報
平成17年5月1日 条例第119号