○三条市国民健康保険保養施設利用助成要綱

平成17年5月1日

告示第54号

(目的)

第1条 この要綱は、三条市国民健康保険条例(平成17年三条市条例第107号)第7条の規定に基づき、国民健康保険の被保険者を対象として保養施設を利用する際の助成事業を実施することにより、被保険者の健康の保持増進及び疾病の予防を図ることを目的とする。

(助成対象者)

第2条 この要綱により助成を受けられる者は、次の各号のいずれかに該当するものとする。

(1) 6月30日において国民健康保険の被保険者で、前年度分に係る国民健康保険税を当該年度の6月25日までに完納しているもの

(2) 特定健康診査(人間ドックにより行われるものを除く。)を受診した日において国民健康保険の被保険者で、前年度分に係る国民健康保険税を当該受診日までに完納しているもの

(保養施設)

第3条 この要綱により助成を受けられる保養施設は、別表に掲げる三条市と契約を締結した保養施設とする。

(助成の方法)

第4条 市長は、次の各号に掲げる助成対象者の区分に応じ、当該各号に定める枚数の利用助成券(以下「助成券」という。)を交付する。

(1) 第2条第1号に掲げる者 2枚

(2) 第2条第2号に掲げる者 1枚

(助成券の代金請求)

第5条 第3条に規定する保養施設の事業者は、助成券による施設の利用があったときには、その翌月の10日までに助成券の代金を市長に請求しなければならない。

(助成券の精算)

第6条 市長は、前条の規定による代金の請求があったときは、その請求の日から30日以内に助成券の代金を保養施設の事業者に支払うものとする。

(その他)

第7条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成17年5月1日から施行する。

附 則(平成17年6月告示第158号)

この要綱は、平成17年7月1日から施行する。

附 則(平成19年12月告示第217号)

この要綱は、平成20年1月1日から施行する。

附 則(平成20年7月告示第131号)

この要綱は、平成20年7月16日から施行する。

附 則(平成23年3月告示第99号)

この要綱は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成25年7月告示第306号)

この要綱は、告示の日から施行する。

附 則(平成30年4月告示第68号)

この要綱は、平成30年4月1日から施行する。

別表(第3条、第4条関係)

保養施設

助成額

名称

所在地

八木ヶ鼻温泉保養交流施設

三条市南五百川16番地1

380円

三条市しらさぎ荘

三条市矢田888番地

300円(11歳以下は100円)

三条市国民健康保険保養施設利用助成要綱

平成17年5月1日 告示第54号

(平成30年4月1日施行)

体系情報
第7編 社会福祉/第6章 国民健康保険
沿革情報
平成17年5月1日 告示第54号
平成17年6月30日 告示第158号
平成19年12月25日 告示第217号
平成20年7月3日 告示第131号
平成23年3月31日 告示第99号
平成25年7月12日 告示第306号
平成30年4月1日 告示第68号