○三条市名誉市民条例

平成17年5月1日

条例第4号

(目的)

第1条 この条例は、社会文化の興隆に功績のあった者に対し、その功績と栄誉をたたえ、もって市民の社会文化の興隆に資することを目的とする。

(名誉市民の決定)

第2条 本市の市民又は本市出身の個人で、社会文化の進展に貢献し、その事績顕著な者又は本市の功労者としてその事績卓絶な者で、市民の崇敬を受けるものを議会に諮り、三条市名誉市民(以下「名誉市民」という。)として決定する。

(栄誉の贈呈)

第3条 名誉市民に対しては、次の方法をもってその栄誉をたたえる。

(1) 名誉市民の称号を贈呈する。

(事績の公表)

第4条 名誉市民の事績の概要は、市の広報で公表する。

(待遇)

第5条 名誉市民に対しては、次の待遇をすることができる。

(1) 市の公の式典への参列

(2) 相当の礼をもってする慶弔

(3) その他市長が必要と認める待遇

(委任)

第6条 この条例の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年5月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の三条市名誉市民条例(昭和53年三条市条例第2号)又は下田村名誉村民条例(昭和37年下田村条例第10号)の規定により名誉市民又は名誉村民の称号を授与された者は、それぞれこの条例に基づき名誉市民となった者とみなす。

三条市名誉市民条例

平成17年5月1日 条例第4号

(平成17年5月1日施行)

体系情報
第1編 規/第3章
沿革情報
平成17年5月1日 条例第4号