吉ケ平・大池・雨生ヶ池

【令和元年5月24日現在】県道鞍掛八木向線の冬季閉鎖は解除されました

吉ケ平

吉ケ平

八木前から守門川に添って上流へ約14km、源氏の落人が移り住み800年の歴史を閉じた集落である。吉ヶ平自然体感の郷があり、守門岳の登山や昔を偲ぶ八十里越のベースキャンプとして、また天然の湖沼雨生ヶ池、大池などのハイキングの拠点になっている。

※八十里越は6月〜10月頃に通行可能です。詳しくは、三条市観光係(0256-34-5605)へお問い合わせください。

大 池(標高:475m)

大池

大池は吉ヶ平山荘から南へ守門登山道について1kmばかり上った所の右手の林の中にある。「山の静かな湖に」と唄われるような、ほんとうに静かな湖面。ぴしッピシッと鯉や鮒のはねる音のみ大きくきこえる。冬は1,000羽近い鴨の群、夏は湖水より生まれるトンボの楽園でもある。

吉ヶ平山荘から20分

・面積約3ヘクタール

・深さ 13m(平均3.3m)

・水温 13m・6.5度

S54年.7月調

雨生ヶ池(標高:555m)

雨生ヶ池

雨生ヶ池は、吉ヶ平山荘から2km、雨生神社奥の院東にある。ブナの原生林に囲まれた静かな湖である。雨生ヶ池にまつわる「雨生物語」「白いたにし」はあまりにも有名である。この池に金物を投げると大雨になると言われており、今でもそれは語り伝えられている。

吉ヶ平山荘から30分

・面積約2ヘクタール

・深さ 19.7m(平均6.6m)

・水温 18m・5.1度

S54.7月調

この記事に関するお問合せ
経済部 営業戦略室 観光係

〒955-8686 新潟県三条市旭町2-3-1
電話 : 0256-34-5605 (直通) ファクス : 0256-36-5111
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2019年05月24日