守門岳

県道鞍掛八木向線は冬季閉鎖中です。

守門岳

守門岳は駒形山塊の南西に位し、鳥海火山脈に属し、第4紀複輝石安山岩で構成された死火山で越後山脈の雄峯である。 大岳から青海、青雲、袴岳、袴腰、鳥帽子山に連なるカール状の旧火山口壁は浅いU字型に開き、頂上より北西に引くなだらかな長尾根は優美なスカイラインを引き守門岳の姿をいっそう引き立てている。 南に谷川岳、越後三山、八海、中、駒ヶ岳、隣峰浅草岳と展望がすばらしい。東に会津磐梯山、御神楽岳、駒形矢筈へとまわる。前方には越後の大平野がつづき、日本海に浮かぶ佐渡が見える。

交通規制

例年、県道鞍掛八木向線(葎谷地内)は11月中旬から6月下旬まで冬季閉鎖となります。

現在の交通規制情報は新潟県土木部ホームページをご覧ください。

関連情報

この記事に関するお問合せ
経済部 営業戦略室 観光係

〒955-8686 新潟県三条市旭町2-3-1
電話 : 0256-34-5605 (直通) ファクス : 0256-36-5111
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2019年02月20日