五十嵐神社

五十嵐神社

五十嵐神社

祭神は垂仁(すいにん)天皇の第八皇子である五十日帯日子命(いかたらしひこのみこと)です。

五十日帯日子命は天皇から越の国の開拓という任務をまかされ、頸城(くびき)地方、上田郷(南魚沼)、そして下田郷の開墾を行いました。最後には飯田宮沢の地で生涯を閉じ、舞鶴の丘に葬られたといわれています。

江戸時代には若一(じゃくいち)王子と呼ばれ安産の神として広く信奉され、明治時代に宮内省から「御陵墓伝説地」として認可されました。

 

場所

三条市飯田

駐車場

10台

アクセス

車で

北陸自動車道三条燕ICから車で約40分。

バスで

「JR東三条駅」前から”八木ヶ鼻温泉”行きバス乗車、 約30分後「下田中学校前」停留所で降車し徒歩20分
 

問合せ

五十嵐神社社務所
電話番号・ファクス 0256-46-4007

この記事に関するお問合せ
経済部 営業戦略室 観光係

〒955-8686 新潟県三条市旭町2-3-1
電話 : 0256-34-5605 (直通) ファクス : 0256-36-5111
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2019年02月20日