三条鍛冶の技 鑿の使い方

各部の名称

鑿の見分け方

用途に適したノミを選んでください。

◎叩いて使うノミ

柄を叩いて穴を彫ったり、切ったりするノミで、柄の割れを防ぐ為に桂が付いています。

◎押して使うノミ

突いて削ったりするノミで、桂はありません。

鑿の使い方

ノミには種類があり、それぞれ用途によって形が違います。ここでは基本となる叩いて使うノミ(追入ノミ・厚ノミ)について説明します。

鑿の手入れ

◎ノミの研ぎ方

1.砥石の面を平らにして下さい。

2.切刃の角度は木材の硬さにより調整します。

3.グラインダーを使用する時は、温度が上がって焼きが戻ることがあるので(ハガネの色が変わる)刃先に充分に水をかけながら、作業して下さい。

4.グラインダーで研ぐときは切刃がえぐれますので、刃先が薄くなりすぎないように注意して下さい。また、切刃を丸く研ぐと、切れ味が悪くなりますので、なるべく平らに研いで下さい。

5.裏押しは、微細な仕上げ用砥石を平らにならして、刃先にやや力を入れながら押して下さい。

6.使用後は、刃が錆びない様に水分を十分ふき取り、錆止め油をつけて、刃先を布やケース等で巻いて、保管して下さい。(ノミ入れ袋なども市販されています。)

◎刃の角度

加工する木材の硬軟や用途によって多少の違いがありますが、普通の叩いて使うノミの切刃角度は26°〜30°位です。

◎桂下げ

1.使い込んだノミの桂は、柄を木台の上で転がしながら桂を木槌で叩いてはずす。

2.桂内軸のまくれを削る。

この記事に関するお問合せ
経済部 商工課 商工係

〒955-8686 新潟県三条市旭町2-3-1
電話 : 0256-34-5610 (直通) ファクス : 0256-36-5111
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2019年02月20日