三条鍛冶道場

三条鍛冶道場について

三条鍛治道場施設の外観内部の写真

 現在では、金属製品製造業を中心とした工業都市に発展している新潟県三条市。その産業の基礎となった鍛冶(かじ)技術は、経済産業大臣指定の伝統的工芸品「越後三条打刃物」を中心に、現在も広く地域に息づいています。三条市では、伝統ある鍛冶の技術を広く知っていただくため、平成5年から現役鍛冶職人の指導による刃物づくり体験講座、「さんじょう鍛冶道場」を実施しています。これを発展させる形で、平成17年4月19日に市の施設として、「三条鍛冶道場」を開設いたしました。三条鍛冶道場では、従来の「さんじょう鍛冶道場」に加え、常設鍛冶講座や、木工、仏壇づくりなど、三条伝統のさまざまな「技」を体験できる各種講座を実施しています。

開館時間

午前9時〜午後5時(貸館利用は午後10時まで)

休館日

月曜日(休日の場合は開館し、翌日休館)、年末年始(12月29日〜1月3日)

所在地

三条市元町11-53

問合先

電話番号0256-34-8080
ファクス0256-34-8081
E-mailkaji@city.sanjo.niigata.jp

常設展示・常設講座

和釘や包丁研、ペーパーナイフ作成をしている写真

 三条鍛冶道場では、三条金物卸商協同組合や越後三条鍛冶集団の協力により、市内名工の作品や伊勢神宮奉納和釘、越後三条鍛冶まつりで作成した巨大鍛冶製品などを常設展示しております。
 三条鍛冶を紹介するDVD等も視聴できます。係員までお声掛けください。
 また、下記3講座を常設講座として、休館日を除く毎日、いつでも実施しています。
 なお、団体でご利用の際は、指導員確保のため事前にご相談ください。
(注意)休館日月曜日(祝日の場合は開館し、翌日休館)

包丁研ぎ体験研修

 貴重な鉄で作った道具を末永く使い続けるために生まれた日本の刃物研ぎ文化。
 ぜひ、ご家庭で普段、ご使用の包丁をお持ちいただき、研ぎ直した包丁の切れ味を体感してみてください。

  1. 実施日:休館日をのぞく毎日
  2. 受付時間:午前9時〜午前11時、午後1時〜午後3時30分
  3. 使用料:大人300円。中学生以下150円
  4. 体験時間:1本1時間程度
  5. その他:ご家庭でご使用の包丁をご持参ください。包丁は鞘(さや)または新聞紙などで包み、安全に充分ご注意の上、お持ちください。

(注意)本講座は、道場スタッフによる研直しサービスではなく、ご自身で研ぎを体験していただく講座となります。ご了承ください。

和釘づくり体験研修

 かつて江戸の建築を支える一大産地として名を馳せ、現在では伊勢神宮の式年遷宮にも奉納されている三条の「和釘(わくぎ)」。
 赤く熱した一本の棒が鎚によって姿を変え、釘になっていく、そんな鍛冶の醍醐味を手軽に体験できる講座です。

  1. 実施日:休館日をのぞく毎日
  2. 受付時間:午前9時〜午前11時、午後1時〜午後3時30分
  3. 使用料:大人500円。中学生以下250円
  4. 体験時間:おおむね1時間以内
  5. その他:安全のため、体験は小学生以上となります。
    (注意)和釘づくり体験に必要な道具類はすべて道場でご用意いたします。ただし、動きやすく多少汚れてもよい服装でお越しください。更衣室も準備しております。

ペーパーナイフづくり体験研修

 叩く・削る・磨く。より広い鍛冶の世界へ。
 洋釘を打ち延ばして、ペーパーナイフを作ります。

  1. 実施日:休館日をのぞく毎日
  2. 受付時間:午前9時〜午前11時、午後1時〜午後3時30分
  3. 使用料:大人1,000円。中学生以下500円
  4. 体験時間:おおむね1時間以内
  5. その他:安全のため、体験は小学生以上となります。
    (注意)ペーパーナイフづくり体験に必要な道具類はすべて道場でご用意いたします。ただし、動きやすく多少汚れてもよい服装でお越しください。更衣室も準備しております。

刃物づくり体験・その他ものづくり体験

 三条鍛冶道場の原点となった刃物づくり体験講座「さんじょう鍛冶道場」。
 それは日本の刃物の良さ、三条の職人の技術をもっと知ってもらいたい、という声掛けに市内の鍛冶職人たちが協力する形で始まりました。
 鉄・鋼(はがね)とは何か、日本の刃物は何が違うのか、といった知識を学び、現役鍛冶職人の直接指導の下、火造り・焼入れ・焼戻し・研ぎまでの小刀づくりを体験しながら、ものづくりに懸ける職人たちの思いに触れる。
 自分自身の銘を刻んだ世界で一本だけのオリジナル切出小刀はもちろん、道場で過ごした時間も、きっと貴重な財産となることでしょう。
 刃物づくり体験講座「さんじょう鍛冶道場」についての詳細は、下記のリンクをご参照ください。
 また、三条鍛冶道場では、鍛冶とも関連が深い木工や、経済産業大臣指定の伝統的工芸品「三条仏壇」など、三条市の多様なものづくりを体験できる様々な講座を実施しています。

アクセス・施設概要

三条鍛治道場アクセス画像

道場までのアクセス

  • 自家用車の場合
    北陸自動車道 燕三条ICから10分
    (注意)鍛冶道場周辺は、一方通行等が多くあります。充分、ご注意ください。
    また、毎月2と7のつく日は、六斎市開催のため周辺で車両通行制限が行われます。
  • 電車の場合
    JR上越新幹線 燕三条駅からタクシーで10分
    またはJR弥彦線 北三条駅から徒歩3分
    (注意)燕三条駅〜北三条駅は弥彦線で約1分ですが、運行時間に充分、ご注意ください。

施設概要

  • 開館時間 午前9時〜午後5時 (貸館利用は午後10時まで)
  • 休館日 月曜日(休日の場合は開館し、翌日休館)、年末年始(12月29日〜1月3日)
  • 所在地 三条市元町11-53
  • 問合先電話番号0256-34-8080、ファクス0256-34-8081、E-mail:kaji@city.sanjo.niigata.jp

館利用

セミナー・会議開催のための研修室のみの貸館も行っています。
利用料金 1時間につき800円
(注意)附属設備の利用料金
パーソナルコンピューター 1台 200円
プロジェクター 1式 400円

  1. 1時間に満たない利用は1時間とみなします
  2. 利用時間には、準備、後片付けの時間を含みます
  3. 営利・営業での利用は、この表の10倍の利用料となります
    利用申込は、研修室は30日前から受付けいたします。下記の様式により、鍛冶道場まで直接お申込みください。
この記事に関するお問合せ
経済部 商工課 三条鍛冶道場

〒955-0072 新潟県三条市元町11-53
電話 : 0256-34-8080 (直通) ファクス : 0256-34-8081
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2019年02月20日