三条市滞在型職業訓練施設しただ塾

平成30年度の募集は終了しました。

「しただ塾」とは

「自分を見つめ、自分を見つける場所」です。今、そこで生活しているあなたを、この場所から見つめ直してみませんか ?

スピード感を持ち、他者よりも勝るものを目指すことは、悪いことではありません。プラス思考の言葉で自分を励まし続け、積極的に生きていくことは立派な生き方です。しかし、一方で日々の生活に疑問を感じているなら、その疑問を解決し、もう一度出発してみる方法もあるのではないでしょうか。

三条市下田 ( しただ ) 地域で開かれている「しただ塾」は、そんな思いを持つあなたにとって、特別な時間を提供します。一言で言えば、「地域の人たちと触れ合いながら、血の通った観光や農業のあり方を考える学び舎」です。

授業は約3〜4か月間、廃校となった小学校で平日の日中に授業を行い、住まいは無償で用意します。

しただ塾で学ぶこと

座学、経営者講話、企業見学、市内視察、現場実習などを行い、各コースの内容を学びます。それぞれ地域の人と触れ合いながら実践的な学習ができ、さらにお試し移住として受講することで、授業テーマにとどまらずたくさんの経験が得られます。

学んだ先のゴール(目標)は?

例えば「観光・アウトドアコース」の場合、観光業の事業所などでサービス提供・イベント運営・旅行商品開発・営業活動ができることを基本的な目標とします。

修了後は、市内企業をはじめとする観光関連産業への就職を支援するほか、新規創業・第二創業などを目指すこともできます。

しただ塾の運営体制は?

しただ塾は、三条市長を名誉会長として、地元の自治会長やキーパーソンの方々を中心とした検討委員会で1年以上の準備期間を費やし、2016年 10月に開講しました。塾生の皆さんが気持ちよく、下田地域で学び生活できるよう、「オール下田体制」を作り、皆さんを支援します。しただ塾の運営は、三条市と連携して NPO法人ソーシャルファームさんじょうが行っており、厚生労働省「求職者支援制度」の認定を受ける学び舎です。

求職者支援制度とは

雇用保険を受給できない方が、職業訓練によるスキルアップを通じて、早期就職を実現するために厚生労働省が支援する制度です。しただ塾は、雇用保険受給の有無にかかわらずどなたでも入塾できます。

なお、雇用保険を受給できない方には、一定要件を満たせば、訓練期間中月10万円の職業訓練受講給付金が国から支給されます。

現地見学について

「しただ塾授業」又は、「しただ塾が実施されている現地」を見学いただくことが可能です。御希望の方は、お気兼ねなく「しただ塾」訓練実施機関・NPO 法人ソーシャルファームさんじょう(電話番号:0256-64-8116) までお問い合わせください。

しただ塾塾生募集について

塾生の募集について

しただ塾塾生は、開講の約 2 か月〜1 か月前の期間に募集を行います。こちらのホームページにて募集情報を記載いたします。詳細は、「しただ塾」訓練実施機関・NPO 法人ソーシャルファームさんじょう(電話番号:0256-64-8116) までお問い合わせください。

この記事に関するお問合せ
市民部 地域経営課 コミュニティ推進係

〒955-0071 新潟県三条市本町3-1-4
電話 : 0256-34-5646 (直通) ファクス : 0256-33-5732
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2019年02月20日