特別展・企画展情報

最新の展覧会

企画展「生誕100年・没後20年 齋藤䰠」

最新の展覧会ポスター画像

令和元年8月1日(木曜日)~9月8日(日曜日)

 

今年は、三条出身の画家 齋藤䰠の生誕100年・没後20年という大きな節目の年にあたります。このことにちなみ、齋藤䰠という孤高の作家をあらためて紹介する展覧会を開催します。

 

齋藤䰠(さいとうしん/本名 齋藤忠夫)は、大正8年(1919)南蒲原郡福島村東光寺(現 三条市東光寺)に生まれました。県立三条中学校(現 県立三条高校)を卒業し、東京美術学校(現 東京藝術大学)日本画科へ進学、日本画だけでなく油画科の授業も聴講するなど幅広く学びました。

しかし、昭和18年(1943)には学徒出陣が始まり、齋藤は戦地へと送り出されていきます。その後、九死に一生を得て復員することはできたものの、従軍中に体験した戦争の悲惨さは、彼の人生観や芸術観を大きく変え、その後のストイックな制作態度や精神性の深い作品へとつながっていきました。

 

本展では、作品と関連資料によって齋藤䰠の画業を振り返り、あわせて制作の背景なども紹介します。この機会にぜひ、齋藤䰠という作家を見つめなおすとともに、戦争によって人生が一変した齋藤忠夫という一人の人間についても、思いを巡らせていただければ幸いです。

過去の展覧会

令和元年度

平成30年度

 

 

 

 

この記事に関するお問合せ
市民部 生涯学習課 歴史民俗産業資料館

〒955-0071 新潟県三条市本町3-1-4
電話 : 0256-33-4446 ファクス : 0256-33-7060
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2019年08月01日