特別展・企画展情報

最新の展覧会

所蔵品展「アートは見た目が9割か?」

最新の展覧会ポスター画像

前期展:令和2年9月15日(火曜日)~10月11日(日曜日)

後期展:令和2年10月13日(火曜日)~11月15日(日曜日)

 

芸術の秋にちなみ、当館で所蔵する絵画や書、工芸等の美術作品を紹介します。

博物館や資料館、美術館の展覧会といえば、展示されている資料や作品に、解説パネルやキャプション等で詳細な解説文がついているもの、と考える方が多いのではないかと思います。

それでは、その“解説”がなくなった時、展示されている資料は、見る人の目にどのように映るでしょうか。

例えば、絵画等の美術作品は、視覚的表現でその美しさや面白さを楽しむものです。それがアート本来の楽しみ方のひとつでしょうし、「アートは見た目が9割」ともいえるかもしれません。

しかし、それぞれの作品には制作された時のエピソードや、当時の時代背景、作者が作品に込めた思い等、様々な情報が周辺を取り巻いています。

それらを知ることで、見て感じるものだけではない、別の何かが作品から見えてくるということもあるでしょう。

本展では、このような異なる見方でアートをお楽しみいただけるように、会期を前期・後期と分け、展示の仕方を変えて作品を紹介します。

最小限の解説とともに、作品を見たままに味わう時と、詳細な解説で、作品にまつわる様々な情報を知った後では、見え方や感じ方は変わるでしょうか?それとも変わらないでしょうか?

ぜひ体感してみてください。

過去の展覧会

令和2年度

令和元年度

 

 

 

 

この記事に関するお問合せ
市民部 生涯学習課 歴史民俗産業資料館

〒955-0071 新潟県三条市本町3-1-4
電話 : 0256-33-4446 ファクス : 0256-33-7060
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2020年09月14日