文化・芸術の一番星育成事業

文化・芸術の一番星育成事業ピアノ教室・デッサン教室・ダンス教室の参加者を募集します

ピアノ教室

ピアノ教室講師 国立音楽大学教授:久元 祐子(ひさもと ゆうこ)

知性と感性、繊細さとダイナミズムを兼ね備えたピアニストとして高い評価を受け、国内外の有名オーケストラ等と多数共演、2011年ウィーンでのリサイタルは絶賛され、オーストリアにてベーゼンドルファー・アーティストの称号を受ける。2013年は日本モーツァルト音楽コンクール本選会で審査員を務める。

※新型コロナウイルス感染症の感染状況によっては講師が変更になる場合があります。

内容
区分 内容
参加対象者 音楽大学などへの進学を視野に入れて頑張っている市内在住の小学5年生から高校3年生で、一定の技能を有する方
定員 5人
参加費 無料 (必要な楽譜、テキスト、用具などは各自ご用意ください。)
教室日程等

[期日]・ピアノ基礎講座 9月11日(土曜日)
※公開講座ですので、どなたでも参加できます。
・個人レッスン 9月10日(金)、11日(土曜日) 、17日(金曜日) 、18日(土曜日)
[時間] 午前9時から午後6時で調整。10日(金曜日)、17日(金曜日)は午後4時以降を予定。受講生決定後、書面にてお知らせいたします。
[修了コンサート]

・9月19日(日曜日)午後2時開演(予定) 体育文化会館 マルチホール
・一番星事業補助金交付対象者、ピアノ教室受講生及び講師による演奏
・演奏曲目は受講曲の中から講師が選定(暗譜で演奏)
・衣装は各自御用意ください。

会場等 [ピアノ基礎講座会場]:三条東公民館 多目的ホール2
[個人レッスン会場]:中央公民館 大ホール、体育文化会館 マルチホール
[使用ピアノ]:スタインウェイコンサートグランドピアノ、ヤマハコンサートグランドピアノなど
レッスン形態 ・1日1回の個人レッスン(小学生40分、中学生50分、高校生60分)
・レッスン状況により時間配分が前後することがあります。
レッスン曲目 次の[1]を必須、[2][3]から1~3曲を用意し練習してください。
[1] J.S.Bachの作品から1曲。ただし、小学5・6年生は、アンナ・マグダレーナから選曲可能。
[2] 古典派のソナチネ、またはソナタの任意の単一楽章。(作曲家は任意)
[3] ロマン派の作品より1曲
*アンサンブル等は行いません。
選考方法 面接及び実技審査で決定します。日程については後日書類にてお知らせいたします。
審査

[期日]:8月1日(日)午後12時30分~で調整
[会場]:三条東公民館 多目的ホール2
[面接]:個人面接で保護者同伴とします。
[実技審査]:次の2曲を演奏してください。暗譜は任意とします。レッスン曲目[1]は必須。レッスン曲目[2]又は[3]から1曲

(※時間の都合上、演奏の途中で切ることがあります。)
[審査員]
・国立音楽大学からの派遣審査員(新納 洋介先生を予定)
・櫻井 綾(新潟県立大学講師、声楽家)※都合により審査員が変更になる場合があります

応募方法 申請書類は、各庁舎及び各公民館に設置してあります。申請書類に必要事項を記入し、生涯学習課まで提出してください。
応募期限 7月2日(金曜日)午後5時必着

【書類の提出先】

〒955-0072 三条市元町13-1 三条市市民部生涯学習課(中央公民館 内)

電話番号:47-0048 / ファックス:32-5476

募集要項・申請書類

デッサン教室

デッサン教室講師 日本大学芸術学部准教授:飯田 竜太(いいだ りゅうた)

美術家/彫刻家 2014年東京藝術大学大学院美術研究科先端芸術表現科修 了。本や紙、文字や言葉を媒介とした彫刻作品を制作する。

2007年田中義久とアーティストデュオNerhol(ネルホル)を結成。Voca2020にてVoca賞を受賞。

【メッセージ】

小学生は、鉛筆の使い方から、静物、風景を。中学生は、球体・立方体から静物を。

高校生は、デッサン基礎、受験対策の石膏デッサンを。デッサンを通じて見ることの大切さを共に学びましょう。

※新型コロナウイルス感染症の感染状況によっては講師が変更になる場合があります。

デッサン教室講師 日本大学芸術学部准教授:坪井 麻衣子(つぼい まいこ)

画家 2007年東京藝術大学大学院美術研究科芸術学専攻美術教育研究室 修了。日々に起こる“心のちいさな揺れ”を画面に描き留めることで,心的リアリティのある絵画を追求する。出身地である新潟や東京を中心に個展やグループ展を開催。

【メッセージ】

自分の頭や心の中で想像するものを実際に作り出すということは,とても素晴らしいですよね。その第一歩となるのが対象を観察し描くことだと思います。こちらの講座ではモデルさんをお呼びしてポーズを取ってもらい実際に人体を描いてみます。静物画で学んだことを生かしながら人体デッサンならではの面白さを体験してみましょう!

※新型コロナウイルス感染症の感染状況によっては講師が変更になる場合があります。

デッサン教室講師 日本大学芸術学部専任講師:大橋 朋美(おおはし ともみ)

版画家 2011年日本大学大学院芸術学研究科博士前期課程造形芸術専攻修了。主に銅版画の制作を中心とし、版表現の可能性を探求した作品を展開している。

国内では東京を中心に個展やグループ展を開催。

【メッセージ】

『さまざまな素材に触れ、感じとり、発見する。自分で考えモノを作るということを純粋に楽しむ。』そんな講習会にできたらと思っています。

皆さんと作品をとおして出会えることを楽しみにしています。

※新型コロナウイルス感染症の感染状況によっては講師が変更になる場合があります。

内容
区分 内容
参加対象者 美術大学などへの進学を視野に入れて頑張っている市内在住の小学5年生から高校3年生で、一定の技能を有する方
定員 15人程度
参加費 無料 
内容 ・デッサン基礎指導 5回
・版画体験 1回
教室日程等 7月30日金曜日、8月2日月曜日、5日木曜日 午前10時から午後5時
7月31日土曜日、8月3日火曜日、6日金曜日 午前9時30分から午後4時30分
会場 中央公民館
第二中学校区小中一体校 地域交流施設わになーれ
その他 ・風景、球体、石膏像、静物、人物をテーマにデッサンします。
・専門分野を持つ講師陣が、様々なデッサン対象を基にきめ細やかな指導を行います。
・デッサンをもとに版画を刷ります。
・講師が個々の作品に対する講評を行うため、デッサン力向上の参考になります。
・制作した作品を「市民・回廊ギャラリー」「市展」「まちなか文化祭」等で発表します。
選考方法 申請書類による審査で決定します。
応募方法 申請書類は、各庁舎及び各公民館に設置してあります。申請書類に必要事項を記入し、生涯学習課まで提出してください。
応募期限 7月2日金曜日午後5時必着

【書類の提出先】

〒955-0072 三条市元町13-1 三条市市民部生涯学習課(中央公民館 内)

電話番号:47-0048 / ファックス:32-5476

募集要項・申請書類

ダンス教室

ダンス教室講師 :中澤 利彦(なかざわ としひこ)

ダンスパフォーマー 新潟市出身。ニューヨークを拠点に活動し、国内でも学校でのダンス教育や講演など幅広く活動する。米国のアポロシアター「アマチュアナイト」2013・2014連続優勝。ブロードウェイ出演。文化庁登録芸術家(学校巡回公演事業参加)

【メッセージ】

この講座では『パフォーマンスとしてのダンス』を一緒に創っていきます。先生から振り付けを覚えて発表するだけではなく、衣装、音楽、構成なども基本は全て自分で考えてもらい、3分程度の作品を自分の力で完成させる事を目標としています。全力でサポートするので、創作する楽しさや知識を一緒に学んでいきましょう!

内容
区分 内容
参加対象者 芸術大学や専門の学校などへの進学を視野に入れて頑張っている市内在住の小学5年生から高校3年生で、一定の技能を有する方
定員 5人
参加費 無料 (必要な道具は各自御用意ください。)
内容 ・個人レッスン 3回(ダンス制作、発表)
・グループワーク 3回(ダンス制作、発表)
・講義 1回
・各種オーディションへの応募を目指した動画を制作します。
・中央公民館で行われる発表会等で発表予定です。
教室日程等 7月26日月曜日、29日木曜日、8月2日月曜日、4日水曜日、10日火曜日、18日水曜日、20日金曜日 午前9時から午後5時で調整
会場 体育文化会館 マルチホール
中央公民館 大ホール
選考方法 実技審査(動画)による審査で決定します。
※申請書と併せて、撮影した動画をDVDにしてお持ちください。
審査 【実技審査】
1.ダンススタイル:オールジャンル
2.制限時間:1分30秒~3分
3.審査基準
・ビジュアル
・テクニック
・音楽
・エンターテインメント性
・熱意(ダンス動画と合わせて、教室参加へのメッセージを撮影ください。)
その他 ・基礎的なリズムやステップは指導しますが、講師がただ振付を教えて踊ってもらうだけではなく、受講生自身で考えてもらい、一つの作品を創る事を目的としています。(座学あり)
・衣装や音楽なども受講生と考えながら決定していきます。
・作品作りをとおして、表現する事の大切さやその技術を指導していきます。
・将来プロダンサーになるために必要な知識や見解などもお話していきます。
・制作した作品を中央公民館など、発表する機会を設けます。
応募方法 申請書類は、各庁舎及び各公民館に設置してあります。申請書類に必要事項を記入し、撮影した動画を併せて提出ください。
この募集要項及び申請書類は、市のホームページからダウンロードもできます。
応募期限 7月2日金曜日午後5時必着

【書類の提出先】

〒955-0072 三条市元町13-1 三条市市民部生涯学習課(中央公民館 内)

電話番号:47-0048 / ファックス:32-5476

募集要項・申請書

文化・芸術の分野で羽ばたくあなたを応援します!

活動経費の補助

文化・芸術の分野で高い資質と意欲を兼ね備えた子どもたちの能力をさらに高める活動に対し、その経費の一部を補助します。

応募方法

三条市役所低層棟ロビー、栄・下田庁舎、各公民館に設置した申請書類に必要事項を記入し、生涯学習課まで提出してください。申請書類等は、下記リンク先からダウンロードもできます。

【申請書・募集要項】

 (注意)前金払いを希望する場合にご提出ください。

【記載例】

応募期限

令和3年5月7日(金曜日)午後5時必着

選考方法

提出された書類による審査と面接を実施します。

面接日

募集締切後、速やかに実施します。会場と時間は、対象者へ連絡します。面接時は保護者も必ず同伴してください。

募集の要件

  

募集内容について
募集の要件 内容
対象 市内に住所を有する小学5年生から高校3年生までで、文化・芸術活動においてコンクールなどでの上位入賞実績、有段資格などを有し、高い向上心を持って、将来一番星として輝きたい方
補助対象経費
 
(1) 報償費 専門的な技術指導を受けるために要する謝礼などの経費
(2) 旅費 各種のコンクールまたは講習会などに参加するために要する交通費および宿泊費
(3) 負担金 各種のコンクールまたは講習会などに参加するために要する負担金
(4) 消耗品費 活動に必要な消耗品を購入するために要する経費
補助金の額 1人につき補助対象経費の2分の1以内の額で15万円を上限とします。ただし、補助対象経費のうち消耗品費は3万円が上限です。

実績報告

事業終了後に下記書類及び添付書類を提出してください。

【実績報告書】

(注意 私有車を使用した方のみ)

【記載例】

この記事に関するお問合せ
市民部 生涯学習課 生涯学習推進係

〒955-0072 新潟県三条市元町13-1
電話 : 0256-32-4811 (直通) ファクス : 0256-32-5476
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2021年05月07日