妊産婦の医療費助成

制度内容

お母さんが安心、安全に出産することを願って、妊産婦が支払う医療費の一部を助成する制度です。

対象者

市内に住所のある妊産婦

対象期間

受給資格の登録申請をした日から、出産された月の翌月の末日までです。
なお、流産及び死産された場合は、流産及び死産された月の翌月の末日までです。

助成対象の医療費

  1. 保険診療(医科・歯科・調剤等)分が対象です。
  2. 保険診療適用外(薬の容器代・差額ベッド代など)は助成の対象になりません。
  3. 入院時食事療養費は助成の対象になりません。
  4. 妊婦健診(定期健診)や、普通分娩で出産した場合は保険診療適用外ですので助成の対象になりません。
    (注意)健診の結果、治療が必要となった場合は、保険診療分は助成の対象です。
  5. 帝王切開で出産した場合は助成の対象になりますので、「妊産婦医療費助成申請書」を医療機関の窓口にお出しください。
    (注意)「妊産婦医療費助成申請書」の用紙が不足しましたら、受給者証、印鑑をお持ちのうえ、三条市役所市民窓口課市民総合窓口、栄・下田各サービスセンター総合窓口グループまでおいでください。

申請(届出)

申請場所

三条市役所市民窓口課市民総合窓口
栄サービスセンター総合窓口グループ
下田サービスセンター総合窓口グループ

お持ちいただくもの

保険証、印鑑、妊産婦さん名義の預金通帳(名義が旧姓の場合は変更してください。)、母子手帳

こんなときはお届を

  • 氏名、住所に変更があったとき
  • 健康保険者証に変更があったとき
  • 振込先口座に変更があったとき
  • 流産、死産をされたとき
  • 受給者証を紛失したとき

医療機関にかかるとき

市内の医療機関にかかるとき

  1. 保険証と受給者証と一緒に「妊産婦医療費助成申請書」を医療機関ごとに1か月に1枚ずつ医療機関の窓口に提出してください。
  2. 医療機関の窓口では、いったん一般の方と同様に自己負担額をお支払ください。
  3. 妊産婦医療費助成申請書は、医療機関から直接市に提出されます。
    (注意)妊産婦医療費助成申請書を医療機関の窓口に出し忘れた場合は、下記「市外の医療機関にかかるとき」と同様の手続きを行ってください。

市外の医療機関にかかるとき

  1. 「受給者証」と「妊産婦医療費助成申請書」は使えませんので、一般の方と同様に自己負担額をお支払いください。
  2. 医療機関の領収書を1か月分まとめて、受給者証、保険証、印鑑と一緒に三条市役所市民窓口課市民総合窓口、または栄・下田サービスセンターの各総合窓口グループまでお持ちください。
    (注意)原則として診療を受けた月の末日から2年以内に助成申請の手続きをしてください。

助成内容

助成額

自己負担額から次の一部負担金、健康保険の付加給付や高額療養費などを差し引いた額の2分の1を助成します。

一部負担金

外来

1日530円(月4日を限度として、月の初日から4日までのそれぞれの受診日の自己負担額が530円に満たない場合はその額)

入院

1日につき1200円

調剤

一部負担金なし

振り込み

助成金は、概ね診療月の2か月後の月末に登録時に指定された預金口座に振り込みます。
振り込みをした時は、ハガキで助成額をお知らせします。

高額療養費について

支払った医療費(対象は保険診療適用分で、食事負担額や保険適用外の差額ベットなどは含みません。)が一般世帯の場合、約80,100円を超えたときは、高額療養費の支給対象になりますので、加入されている保険者にそれぞれ申請をしてください。
手続き等の詳しいことは、加入している健康保険の保険者にお尋ねください。

あらまし

電子申請

受給者証の新規取得及び再発行は電子申請が可能です。

(注意)住所や加入している健康保険等に変更があった場合は、窓口での手続きが必要です。

この記事に関するお問合せ
教育委員会事務局 子育て支援課 子育て支援係

〒959-1192 新潟県三条市新堀1311
電話 : 0256-45-1113 (直通) ファクス : 0256-45-1130
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2019年05月16日