新型コロナウイルス感染症について

新型コロナウイルス感染症に関する市民の皆様等へのお願い

5月28日市民の皆様等へのお願い

全ての都道府県において緊急事態宣言が解除されたことを受け、5月28日に、三条市長が市民の皆様等に対して、市民の皆様等へのメッセージを発出しました。

その他のお願い

感染症について・相談窓口

特別定額給付金

新型コロナウイルス感染症緊急経済対策として、1人当たり一律10万円を給付する特別定額給付金の給付を8月6日(木曜日)まで行っています。申請書は、5月7日に受給権者宛に郵送しました。

特別定額給付金について詳しくはこちら

市民税等の減免

新型コロナウイルス感染症の影響により、一定程度収入が減少した方を対象に市税等の減免を行っています。

申請窓口: 厚生福祉会館2階ロビー(午前9時から午後5時まで、土・日曜日、祝日はお休みです。)

傷病手当金の支給(国民健康保険)

国民健康保険の被保険者が新型コロナウイルス感染症に感染した場合、または発熱等の症状があり感染が疑われた場合に、その療養のため労務に服することができなかった期間(一定の要件を満たした場合に限る)、傷病手当金を支給します。

徴収猶予・換価の猶予

新型コロナウイルスの影響により事業等に係る収入に相当の減少があった方は、1年間、市税等の徴収の猶予を受けることができます。

詳しくはこちらを御覧ください。

所得税の申告期限の延長

所得税の確定申告については、引き続き三条税務署で受け付けています。

企業向け支援

新型コロナウイルス感染症影響を受ける事業者等支援を拡充して実施しています。

申請窓口:厚生福祉会館2階ロビー(午前9時から午後5時まで、土・日曜日、祝日はお休みです。)

三条つなぐプロジェクト

ウェブページ等を介して、市内の事業者等を応援したいという善意と、困難を乗り越えて頑張る方々をつなぐ「三条つなぐプロジェクト」を実施します。現在、寄附と事業者による個別プロジェクト等を募集しています。

#三条エール飯プラス

新型コロナウイルス感染症の影響を受けている市内の飲食店を応援するため取り組んできたこれまでのテイクアウトやデリバリーの情報発信に加え、新しい生活様式に適応した店舗等の情報を発信する#三条エール飯プラスの取組を行っています。

新型コロナウイルス感染防止グッズ開発 官民合同プロジェクト

三条市のアイデンティティであるものづくりの強みを生かし、市内企業の御協力をいただきながら、フェイスシールドなどの感染防止グッズを開発し、市役所内の窓口や医療機関などに展開しています。

詳しくはこちらを御覧ください。

学校・保育所等の対応

「新型コロナウイルス感染症対策専門家会議」の見解及び文部科学省が示したガイドラインを踏まえて、小中学校、義務教育学校、保育所等、障がい児通所支援事業所の運営・管理体制を定め、感染症の予防策を講じながら、学習活動を行っています。

運動会

「三つの密(密閉、密集、密接)」が重なることはないものの、競技を通して密接することがあるなど、いずれかの要素が発生することが回避できないことから、開催は秋まで延期としています。

 

イベント等の実施

必要な対策を講じた上で次に該当するものを除き、イベント等を実施しています。

7月9日まで

  • [屋内] 収容定員の半分を超える参加人数となるもの
  • [屋外] 1000人を超える参加人数となるもの
  • 全国的又は広域的な人の移動が見込まれるもの
  • 「三つの密」が回避できないもの

*7月9日以降の内容については、こちらを御覧ください。

次のイベントは中止となりました。

新型コロナウイルス感染症に係る施設利用及びイベント等実施方針(暫定版)

新型コロナウイルス感染症に係る施設利用及びイベント等実施方針(暫定版)」を定め、これに沿って状況に応じた対応を行っています。

公共施設【更新】

発熱、風邪症状、のどの痛み等があり、体調の悪い方は利用できません

利用人数の制限などの対策を講じた上で、7月6日(月曜日)から体育文化会館、栄体育館及び下田体育館のランニング走路の利用を再開しました。

対応の詳細については、各施設のホームページを御確認ください。

公共施設における感染予防の取組

新型コロナウイルス感染拡大予防のため、国や県の方針等に基づき、「3つの密」の回避と「新しい生活様式の実践例」を踏まえて公共施設の感染拡大予防に取り組んでいます。

公共施設の指定管理者への対応

新型コロナウイルス感染症対策として、公共施設の閉館等や利用の自粛を求めたことにより、公共施設の指定管理料を積算した利用料金等が見込額に満たない場合は、その不足額を補填することとしました。

物資の配布

市の公共施設や施設以外で重篤化の可能性が高い特にケアが必要な方が利用される施設に対しては、それぞれの感染予防策の実施に必要となる資材を提供しています。

市役所内での感染症対策

窓口対応等においては、状況に応じて、引き続きアクリル板の利用やマスクの着用を行います。

災害時における感染症対策

新型コロナウイルス感染症に関する市長記者会見及び報道発表【更新】

更新日:2020年07月06日