健康寿命をのばそう!アワード優秀賞を受賞

厚生労働省の表彰制度である「第7回健康寿命をのばそう!アワード」において、三条市が実施している高齢者の社会参画機会を拡大する取組が県内初となる自治体部門優秀賞を受賞しました。

表彰内容

第7回健康寿命をのばそう!アワード(介護予防・高齢者生活支援分野)

厚生労働大臣 優秀賞 自治体部門 受賞(県内初)

 

「健康寿命をのばそう!アワード」(介護予防・高齢者生活支援分野)とは、自助努力が喚起される仕組みにより個人の主体的な介護予防等を奨励するための介護予防・高齢者生活支援に係る表彰制度です。

受賞した取組

タイトル

生涯輝く!「プラチナエイジ躍進計画」

~社会参画機会創出による健康寿命の延伸~

取組内容

少子高齢化、生産年齢人口減少が進む中、60歳以上の定年退職を迎えた世代(プラチナエイジ)は地域の担い手として重要な人材と捉えている。一方で、退職や子の自立などにより、時間の余裕ができたプラチナエイジの社会参画活動意欲は高まっており、意欲や能力をいかし、活躍できる場が求められている。
こうした実態を踏まえ、プラチナエイジの活躍を総合的に支援する相談窓口として、「セカンドライフ応援ステーション」を設置し、就業、ボランティア、学び、参加など活動ニーズに応じた情報提供やマッチングをワンストップで行っている。さらに、新たな活動形態として、有償ボランティア活動事業を創設し、公園等の維持管理や、子どもの見守り、地域活性化につながるイベントの運営補助、生活支援等様々な分野に活躍の場を拡大している。

この記事に関するお問合せ

福祉保健部 高齢介護課 企画調整係

〒955-8686 新潟県三条市旭町2-3-1
電話 : 0256-34-5457 (直通) ファクス : 0256-32-0028
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2019年03月31日