高齢者等見守り事業

いつまでも元気に安心して暮らせるよう地域の方などが定期的に自宅を訪問して声掛け活動を行います。

対象者

・65歳以上の一人暮らしの方
・65歳以上の方だけの世帯
・家族と同居しているが日中一人になる65歳以上の方
・その他、声掛けが必要な方(障害手帳をお持ちの方など)
(例えばこんな方)
□集まり・行事などに行かなくなった
□庭の手入れをしなくなった
□足腰が弱くなってきた
□何をするにも意欲が出ない
□もの忘れが少し目立ってきた
□家族が亡くなるなど悲しいことがあった

申込方法・活動の流れ

1. 本人・家族が三条市に申請書を提出
※本人の同意を得て、民生委員、地域包括支援センター、ケアマネジャーが申請しても構いません。
2. 三条市からセカンドライフ応援ステーション(※)を通じてボランティアに声掛け活動を依頼
※ボランティアは基本的にお住まいの地域の方です。
3. 本人に決定通知を送付
※本人のほか、担当地区の民生委員、地域包括支援センター等にも通知します。
4. 本人、民生委員等の支援者、訪問ボランティアの初顔合わせ後、声掛け活動を開始
※活動回数は週1回を基本としますが、本人の状況や本人・家族の意向により、調整できます。

高齢者等見守り事業の流れ
この記事に関するお問合せ
福祉保健部 高齢介護課 高齢福祉係

〒955-8686 新潟県三条市旭町2-3-1
電話 : 0256-34-5472 (直通) ファクス : 0256-32-0028
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2020年06月19日