感染症情報

新潟県が発表する「新潟県感染症情報(週報速報版)」の中から、三条市に関係する情報をお知らせしていきます。毎週更新予定です。

 

長期休暇における海外での感染症予防についてはこちらをご覧ください。

新潟県感染症情報(第2週:1月6日から1月12日まで)

三条地域振興局管内(三条市・燕市・加茂市・田上町・弥彦村)の感染症情報

インフルエンザに注意しましょう。

定点当たりの報告数は15.25と国の示す注意報基準(定点当たり10)を超えています。

予防方法

  • 外出が必要な場合には、人混みを避け、外出後は手洗いを徹底しましょう。
  • 発熱、咳などのインフルエンザ症状のある人は咳エチケットを守り、マスクを着用して行動しましょう。
  • バランスのとれた食事と十分な睡眠で基礎体力をつけましょう。
  • 室内では適度な湿度(50~60%)を保ちましょう。
  • 基礎疾患(慢性肺疾患、免疫不全状態、慢性心疾患、糖尿病、腎臓病等)のある人や妊婦は重症化する例もありますので、特に注意しましょう。
  • インフルエンザにかかったと思われる場合は、早めに医療機関を受診しましょう。

百日咳の届出が1件(10歳未満 学童・女性)ありました。

県内の感染症情報

インフルエンザの注意報を発令しています。

定点当たりの報告数は全県で15.93と前週の8.67に比べ増加し、国の示す注意報基準(定点当たり10)を超えています。

多くの管内で注意報基準を超え、社会福祉施設や学校における集団発生も報告されるなど、今後全県でさらなる増加が懸念されることから、引き続き十分な注意が必要です。

感染性胃腸炎に注意しましょう。

定点当たり報告数は全県で3.02と前週の0.84に比べ増加しました。

例年冬季に報告数が増加する疾患であり、社会福祉施設における集団発生も報告されていることから、引き続き十分な注意が必要です。

「にいがた食の安全インフォメーション」の情報も参考としてご覧ください。

http://www.fureaikan.net/syokuinfo/

RSウイルス感染症に注意しましょう。

定点当たり報告数は全県で0.58と前週の0.46に比べ増加しました。

例年秋から冬にかけて主に乳幼児の間で流行していましたが、近年では7月頃より報告数の増加が見られるようになりました。引き続き十分な注意が必要です。

百日咳の届出が13件ありました。

新潟県管内の感染症情報に関するホームページへのリンク

主な感染症の種類

この記事に関するお問合せ
福祉保健部 健康づくり課 保健指導係

〒955-8686 新潟県三条市旭町2-3-1
電話 : 0256-34-5445 (直通) ファクス : 0256-34-5572
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2020年01月16日