新型コロナウイルスに関連した感染症について

新型コロナウイルス感染症とは

ウイルス性の風邪の一種です。発熱やのどの痛み、咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多いことが特徴です。

感染から発症までの潜伏期間は1日から12.5日(多くは5日から6日)といわれています。

新型コロナウイルスは飛沫感染と接触感染によりうつるといわれています。

感染経路
飛沫感染 感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つばなど)と一緒にウイルスが放出され、他の方がそのウイルスを口や鼻などから吸い込んで感染します。
接触感染 感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスがつきます。他の方がそれを触れるとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ると粘膜から感染します。

 

感染対策

咳エチケットや手洗い等の一般の感染症対策を行いましょう。

持病がある方、高齢者は、できるだけ人混みの多い場所を避けるなど、より一層注意しましょう。

発熱等の風邪の症状が見られるときは、学校や会社を休みましょう。

なお、感染症指定医療機関は、患者発生時の入院に対応する医療機関です。問い合わせ等が多く入りますと通常の診療に支障をきたす場合がありますので、次の症状の目安や疑い例の定義に該当しない場合は、咳エチケットを実施の上、かかりつけ医に相談・受診してください。
発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定し記録をしましょう。

下記の症状や疑い例の定義に当てはまる方は、新潟県相談窓口(帰国者・接触者相談センター)に相談してください。
帰国者・接触者相談センターと御相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いがある場合は、専門の「帰国者・接触者外来」を御紹介しています。

 

症状の目安
・風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続いている。
(解熱剤を飲み続けなければいけない時を含みます。)
・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。

※なお、以下の方は重症化しやすいため、この状態が2日程度続く場合は、新潟県相談窓口(帰国者・接触者相談センター)に御相談してください。

・高齢者
・糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)の基礎疾患のある方や透析を受けている方
・免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方
※妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに御相談ください。
※小児については、現時点で重症化しやすいとの報告はないことから、目安どおりの対応をお願いします。

疑い例の定義
(1)発熱(37.5度以上)または呼吸器症状を有し、新型コロナウイルス感染症であることが確定したものと濃厚接触歴がある。
(2)下記のA・Bを満たすもの。
A:発熱(37.5度以上)かつ呼吸器症状を有している。
B:発症から2週間以内に(ア)・(イ)のいずれかを満たす。
(ア)下記の新型コロナウイルス感染症に関する流行地域への渡航または居住歴がある。
(イ)「下記の新型コロナウイルス感染症に関する流行地域への渡航または居住歴がある人」との濃厚接触歴※がある。

【新型コロナウイルス感染症に関する流行地域】
・中華人民共和国
湖北省及び浙江省
・大韓民国
大邱広域市、慶尚北道清道郡、慶山市、安東市、永川市、漆谷郡、義城郡、星州郡及び軍威郡
・サンマリノ共和国
・アイスランド共和国
・アイルランド共和国
・アンドラ公国
・イタリア共和国
・エストニア共和国
・オーストリア共和国
・オランダ王国
・スイス連邦
・スウェーデン王国
・スペイン王国
・スロベニア共和国
・デンマーク王国
・ドイツ連邦共和国
・ノルウェー王国
・バチカン
・フランス共和国
・ベルギー王国
・ポルトガル共和国
・マルタ共和国
・モナコ公国
・リヒテンシュタイン公国
・ルクセンブルク大公国
・イラン・イスラム共和国

※濃厚接触とは、次の範囲に該当するものである。
・新型コロナウイルス感染症が疑われるものと同居あるいは長時間の接触(車内、航空機内等を含む)があったもの
・適切な感染防護無しに新型コロナウイルス感染症が疑われる患者を診察、看護若しくは介護していたもの
・新型コロナウイルス感染症が疑われるものの気道分泌液若しくは体液等の汚染物質に直接触れた可能性が高いもの

相談窓口

新潟県相談窓口

3月10日(火曜日)から「新潟県新型コロナウイルス感染症コールセンター」が設置されました。

新潟県新型コロナウイルス感染症コールセンター
受付時間 月曜日~金曜日(祝日除く)午前8時30分から午後5時まで
受付電話番号 025-282-1754

このコールセンターは、症状がない人やどこに相談したらよいか迷った人の相談を受ける窓口です。
ご自身の症状に不安がある人は、症状に応じて下記の「帰国者・接触者相談センター」及び「一般相談窓口」にご相談ください。

新型コロナウイルス感染症の一般的な相談は「一般相談窓口」へ、症状の目安や疑い例の定義に該当する方の相談は「帰国者・接触者相談センター」に相談をお願いします。

 

新型コロナウイルス感染症に関する一般相談窓口
担当保健所・課 受付時間 電話番号 ファクス番号
三条保健所

【平日】
午前8時30分から午後5時15分まで
【土日祝】
午前9時から午後5時まで

0256-36-2362 0256-36-2365
新潟県福祉保健部
健康対策課

【平日】
午前8時30分から午後5時15分まで
【土日祝】
午前9時から午後5時まで

025-280-5200 025-285-8757

 

帰国者・接触者相談センター

担当保健所・課 電話番号
【平日】
午前8時30分から午後5時15分まで
【土日祝】
午前9時から午後5時まで
電話番号【夜間※】 ファクス番号
三条保健所 0256-36-2362 0256-36-2330 0256-36-2365

新潟県福祉保健部
健康対策課

025-280-5200 025-285-5511 025-285-8757

※【夜間】は警備員室につながります。電話番号をお伝えいただき、担当者から折り返し御連絡します。

厚生労働省電話相談窓口

受付時間 午前9時から午後9時まで(土日・祝日も実施)

電話番号 0120-565653(フリーダイヤル)

※2月7日金曜日 午前9時から上記の番号(フリーダイヤル)になりました。

・聴覚に障害のある人をはじめ、電話でのご相談が難しい人は、ファクス(03-3595-2756)をご利用いただくか、一般財団法人全日本ろうあ連盟ホームページをご覧ください。

中小企業・小規模事業所向け経営相談窓口

経営相談窓口及び県制度融資についてはこちらをご覧ください。

参考リンク

この記事に関するお問合せ
福祉保健部 健康づくり課 保健指導係

〒955-8686 新潟県三条市旭町2-3-1
電話 : 0256-34-5445 (直通) ファクス : 0256-34-5572
メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2020年03月30日