暮らし方を選ぶ

更新日:2019年04月19日

三条市には、大きく分けて2つの地域があります。

 

燕三条駅を中心とした、地方都市的な地域。

飲食店やスーパー、大型デパート、ドラッグストア、コンビニ……生活で必要な小売店はたくさんあります。車さえあれば生活には困らない地域です。中小企業が集積しているので、働く場所にも困りません。国道や県道沿いには大きなお店がたくさんありますが、横に広くて縦に低いので、息苦しくはなく、見上げれば途切れない空が広がっています。

 

そこから車を30分ほど走らせたところにある、自然豊かな下田地域(通称:下田郷)。

下田郷の入り口「清流大橋」を渡ると、川が流れ、緑が映える、街中とは違う景色が広がっていて、想像するような「田舎」の風景です。

虫はいますが、それは空気も水も綺麗な証拠。夜になれば光に遮られない星空が広がり、川の水は澄んでいて冷たくて、水遊びにはもってこい。

 

2つの顔を持つ三条市だから、色々なスタイルの暮らしが実現できます。

【パターン1】街中で暮らして、働く。下田を楽しむ。

「自然は楽しみたいけど、虫や雪は苦手。生活は便利な方がいいな。」

な人におすすめです。

【この暮らし方のポイント】

・雪は降っても膝下程度で、1週間もあれば溶ける。

・小売店がたくさんあるので、買い物に便利。

・車を30分ほど走らせれば、下田地域に到着。仕事終わりや休日に自然を満喫!

【パターン2】自然豊かな下田郷で暮らし、街中で働く。

「自然に囲まれた生活がしたいけど、それなりに便利さもほしい」

という人におすすめです。

【この暮らし方のポイント】

・仕事終わり、夜風に当たりに外に出れば、格別な星空が広がっている。

・通勤路にスーパーやコンビニがあるため、仕事ついでに買い物ができる。

【パターン3】自然豊かな下田郷で暮らし、働く。

「とにかく自然の中で暮らしていきたい!」「農業がしたい!」

という人におすすめです。

【この暮らしかたのポイント】

・土地がたくさんあるため、農地が手に入りやすい。

・ゆったりとした時間の中で日常も非日常も過ごすことができる。

・車を30分ほど走らせれば、街中にあるデパートや家電量販店にも行ける。