• 緊急情報
  • 情報BOX
  • Go
三条のおすすめ

10月

October


秘境八十里越体感バス

秘境八十里越体感バス

半日便の受付が始まりました♪


笠堀ダム特別見学と大谷ダム探訪ツアー

笠堀ダム特別見学と大谷ダム探訪ツアー

工事現場が見られるのも今年が最後!


道の駅「漢学の里しただ」

道の駅「漢学の里しただ」

しただの秋の味覚がいっぱい♪

ホーム > 各課一覧 > 市民部 > 生涯学習課 > 地域イベントモデルコースpart1

地域イベントモデルコースpart1

最終更新日:2015年4月1日

升箕神社の地域イベント

帰省時期にピッタリのふるさと下田のイベント&文化財を紹介します。 

8月16日午後1時〜3時頃まで

升箕神社で神楽が奉納されます。この神楽は出雲系神楽の流れをくむ三条神楽と演目がほぼ共通しています。神楽殿で「悪魔祓」、「福神遊」、「五穀撤」などの舞が奉納されます。

升箕神社神楽の起源は明治11年、下大浦在住の飯塚長七、五十嵐元蔵の両名が世話人となり、諸国巡遊中の大和の人、片桐大衛を招き入れ毎日有志が熱心に習得したそうです。かつては20ほどの舞がありましたが、現在では10程度の演目を舞います。

8月26日 虫干し (雨天中止)

8月16日に神楽が行われた後、衣装と面は虫干しをしてから大切に保管されます。虫干しの際は、神楽で使われた衣装や面をじっくり見学できるチャンスです。もちろん、天井画も見ることができます。

升箕神社の勧請は、江戸時代前期の天和三年(1683)で、天照大神を主祭神として広く信仰を集めています。本殿・拝殿・幣殿は三条市の市指定文化財に指定されており大変見応えがある建築です。

升箕神社の拝殿、見上げる二間・四間(26.4u)の天井いっぱいに、竜の墨絵が描かれています。作者は、狩野晏川貴信(かのうあんせんたかのぶ)と記されており、狩野派の絵師です。升箕社の棟札によれば、安政2年(1855)に拝殿の大修理が行われており、その際に描かれたものと考えられます。貴信46歳の仕事で1日で仕上げたとも伝えられています。杉柾板に軽快で力強い筆勢は、躍動感にみちた竜を描いてみごとな作となっています。

下田地区の観光&文化財ポイント

諸橋轍次記念館

諸橋轍次記念館は平成24年4月にリニューアルオープンしました。また、中国駐新潟総領事館より里燕画伯の水墨画「雲海」、中国風東屋「観觴亭」と流觴曲水座石62個が寄贈されました。新しくなった記念館に皆さまぜひお越しください。 

諸橋轍次記念館についてはこちら 

諸橋轍次博士生家についてはこちら

八木ヶ鼻とハヤブサ

八木ヶ鼻は古くから名所として知られ、平成21年には三条市指定名勝となりました。また、ハヤブサの繁殖地としても知られています。双眼鏡をもっていくとハヤブサに会えるかも?!

八木ヶ鼻についてはこちら

ハヤブサ繁殖地についてはこちら

いい湯らてい

暑い夏に1日外で活動した後は、「いい湯らてい」で1日の疲れを癒しましょう。露天風呂からは日没まで八木ヶ鼻もバッチリ見ることができます。

「いい湯らてい」についてはこちら

このページに関するアンケート
質問:このページの情報は役に立ちましたか?
役に立ったどちらともいえない役に立たなかった
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
見つけやすかったどちらともいえない見つけにくかった
質問:ご意見がありましたらご記入ください
このページに関するお問い合わせ

三条市 市民部 生涯学習課 文化財係
住所 : 〒955-0166 新潟県三条市上大浦670
電話 : 0256-46-5205 (直通)
Fax : 0256-64-8882
e-mail : 

三条市ホームページ運営方針


三条市役所/〒955-8686 新潟県三条市旭町2-3-1
電話:0256-34-5511(代表) Fax:0256-34-5691

Copyright (c) 2008 City of Sanjo. All Rights Reserved.

窓口と受付時間     /月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分

窓口業務の時間外サービス /火曜時間外サービス 午後5時30から午後7時

日曜時間外サービス 午前8時30分から午後5時30分

祝日・年末年始は実施しません。