• 緊急情報
  • 情報BOX
  • Go
三条のおすすめ

10月

October


秘境八十里越体感バス

秘境八十里越体感バス

半日便の受付が始まりました♪


笠堀ダム特別見学と大谷ダム探訪ツアー

笠堀ダム特別見学と大谷ダム探訪ツアー

工事現場が見られるのも今年が最後!


道の駅「漢学の里しただ」

道の駅「漢学の里しただ」

しただの秋の味覚がいっぱい♪

ホーム > 各課一覧 > 市民部 > 生涯学習課 > 三条市の誇る考古資料が新たに市指定文化財に(平成23年7月26日指定)

三条市の誇る考古資料が新たに市指定文化財に(平成23年7月26日指定)

最終更新日:2017年6月21日

 三条市教育委員会では、平成23年7月26日付で、荒沢遺跡出土品(あらさわいせきしゅつどひん)を新たに三条市指定有形文化財に指定しました。これは三条市文化財保護審議会の答申を受けて決定したもので、これで三条市指定文化財は40件になります。
 このほかに三条市内には、国指定文化財2件、国登録有形文化財1件、県指定文化財6件があります。

市指定有形文化財(考古資料)荒沢遺跡出土品(飯田 下田郷資料館)

 荒沢遺跡は、三条市荒沢字朴ノ倉に所在し、平成4年に県営下田地区広域営農団地農道整備事業に伴い発掘調査が行われ、旧石器時代・縄文時代草創期の良好な石器類が出土しています。
 荒沢遺跡出土品1,341点は、五十嵐川流域の当時の人々の生活を考える上で重要であり、三条市を代表する考古資料です。
 旧石器時代石器類は1,324点あります。東日本に特徴的なナイフ形石器などやそれらの製作過程を示す剥片などが出土しています。当時の人々の石器製作の流れを知ることができる良好なもので、約15,000年前の旧石器時代後期後半の新潟県内を代表する石器類です。
 それらが出土した石器集中域からは、赤色顔料原石の大量の赤色鉄石英礫片とそれを粉砕した痕跡をもつ磨石が合わせて出土しています。セットでの出土例は、旧石器時代のものとしては本州では唯一のもので貴重です。
 また、約1万2千年前の縄文時代草創期の石器類は17点あります。尖頭器の中には、約400km離れた青森県深浦産の黒曜石で作られていたものが含まれ、縄文時代草創期の交流を示すものとして貴重です。

 なお、これらの出土品については、下田郷資料館で展示していますのでぜひご覧ください。 ⇒ 所在地はこちら

このページに関するアンケート
質問:このページの情報は役に立ちましたか?
役に立ったどちらともいえない役に立たなかった
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
見つけやすかったどちらともいえない見つけにくかった
質問:ご意見がありましたらご記入ください
このページに関するお問い合わせ

三条市 市民部 生涯学習課 文化財係
住所 : 〒955-0166 新潟県三条市上大浦670
電話 : 0256-46-5205 (直通)
Fax : 0256-64-8882
e-mail : 

三条市ホームページ運営方針


三条市役所/〒955-8686 新潟県三条市旭町2-3-1
電話:0256-34-5511(代表) Fax:0256-34-5691

Copyright (c) 2008 City of Sanjo. All Rights Reserved.

窓口と受付時間     /月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分

窓口業務の時間外サービス /火曜時間外サービス 午後5時30から午後7時

日曜時間外サービス 午前8時30分から午後5時30分

祝日・年末年始は実施しません。