• 緊急情報
  • 情報BOX
  • Go
三条のおすすめ

10月

October


秘境八十里越体感バス

秘境八十里越体感バス

半日便の受付が始まりました♪


笠堀ダム特別見学と大谷ダム探訪ツアー

笠堀ダム特別見学と大谷ダム探訪ツアー

工事現場が見られるのも今年が最後!


道の駅「漢学の里しただ」

道の駅「漢学の里しただ」

しただの秋の味覚がいっぱい♪

ホーム > 各課一覧 > 市民部 > 生涯学習課 > 三条市の誇る文化遺産3件が新たに市指定文化財に(平成22年7月26日指定)

三条市の誇る文化遺産3件が新たに市指定文化財に(平成22年7月26日指定)

最終更新日:2015年4月1日

  三条市教育委員会では、平成22年7月26日付で、本成寺多宝塔(ほんじょうじたほうとう)、千手観音菩薩坐像(せんじゅかんのんぼさつざぞう)、阿弥陀如来立像(あみだにょらいりゅうぞう)を新たに三条市指定有形文化財に指定しました。これは三条市文化財保護審議会の答申を受けて決定したもので、これで三条市指定文化財は39件になります。
  このほかに三条市内には、国指定文化財2件、国登録有形文化財1件、県指定文化財6件があります。

市指定有形文化財(建造物)本成寺多宝塔(ほんじょうじたほうとう)(本成寺・西本成寺一丁目)

 木造二層塔(もくぞうにそうとう)、銅板葺(どうばんぶき)で、江戸時代中期の明和年間に建築された建造物です。五重塔などの層塔(そうとう)としての手法でまとめられ、軒廻り(のきまわり)や組物(くみもの)などの意匠も豪華で全体的に仏塔形式(ぶっとうけいしき)としてよく整っています。建築の分類では塔状の形式を持つ重層の堂(どう)に位置づけられ、新潟県内においても数少ない貴重な建造物です。

市指定有形文化財(彫刻)千手観音菩薩坐像(せんじゅかんのんぼさつざぞう)(最明寺・院内)

 最明寺観音堂にある四十二臂(しじゅうにひ)形式の千手観音菩薩坐像は、杉とみられる針葉樹材の一木造(いちぼくづくり)で、鎌倉時代13世紀前半に制作された仏像です。後世の補修が見られるものの、千手観音坐像の古像は比較的少なく、また、頭上に三十の変化面を四段に配しその殆どを菩薩面(ぼさつめん)とした姿は稀有(けう)であり貴重な仏像です。 
 なお、この仏像は毎年2月18日及び8月9日の御開帳のみ拝観が可能です。

市指定有形文化財(彫刻)阿弥陀如来立像(あみだにょらいりゅうぞう)(本都寺・飯田)

 本都寺の本尊である阿弥陀如来立像は、檜材(ひのきざい)の寄木造(よせぎづくり)で、仏師快成(かいせい)の作風に共通する特徴が見られ、鎌倉時代13世紀後半頃に制作された仏像です。背面右側のリズミカルな襞(ひだ)の流れや特徴的な眼差しをもつ面貌(めんぼう)に、制作者のすぐれた力量をうかがうことができ、鎌倉時代中期の仏師快成の流れをくむ三尺阿弥陀如来像として貴重な仏像です。

このページに関するアンケート
質問:このページの情報は役に立ちましたか?
役に立ったどちらともいえない役に立たなかった
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
見つけやすかったどちらともいえない見つけにくかった
質問:ご意見がありましたらご記入ください
このページに関するお問い合わせ

三条市 市民部 生涯学習課 文化財係
住所 : 〒955-0166 新潟県三条市上大浦670
電話 : 0256-46-5205 (直通)
Fax : 0256-64-8882
e-mail : 

三条市ホームページ運営方針


三条市役所/〒955-8686 新潟県三条市旭町2-3-1
電話:0256-34-5511(代表) Fax:0256-34-5691

Copyright (c) 2008 City of Sanjo. All Rights Reserved.

窓口と受付時間     /月曜日から金曜日の午前8時30分から午後5時30分

窓口業務の時間外サービス /火曜時間外サービス 午後5時30から午後7時

日曜時間外サービス 午前8時30分から午後5時30分

祝日・年末年始は実施しません。